花織ちゃぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間の根を養うもの 〜1994回のクリスマスによせて〜     

<<   作成日時 : 2005/12/19 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

  
画像


私は考える
人間の根を養うものについて

それは自然




風土

私をはぐくんだ色彩の数々

それは人々
家族
友人
本の中にいる無数の人物たち
ドラマの中の 絵の中の 歌の中の
「私という現象は
   仮定された有機交流電燈のひとつの青い照明です。」  
    (ひかりはたもちそのでんとうはうしなわれ)

ああ そのとおり そのとおり

私の中で明滅する人々のスピリット


それは感覚
見る触る聞く味わう

目で追いすがり 手で作り変える
愛すれば愛するだけ持ちものがふえる
喜びも悲しみも怒りも

それは見えないものを見る力
星座を作るように
時も場所も違う人の生きざまや感情を
つないで「ひと」なるものの姿をみつける 


それは子供時代

それは性

それは母国語

それは食べ物

それは世界

それは…それは…


確かなことは

人間が花ひらくためには  
人間の根を養うものが
  豊かでなければならないということ

人間が苦しむときは
   根がのびきらないで困っているとき


天の使いのようにこの世に生まれ
世界を救う可能性だってあるはずの子供が
次々死んでしまう               
それは大地にもられた毒のせい

やさしいひとの涙がその毒を洗い流すまで 
天使たちは苦しまなければならないのか

「愛の祭の日は来ていない」とソーサが歌ったのは
   1970年のこと
  今も、この歌がちっとも古くなっていない おお                        

私は思う 

養われ養う人それぞれが土であり
 そして種であることを

私は祈る

いつか美しい 人間という星座をかたちづくる
光の一部になれることを     

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
明日「飛べイサミ」はどのへんいくのかな
明日教育テレビのもう一度みたい番組リクエストの ファイナルの放送があるみたいですが ...続きを見る
花織ちゃぶ
2009/12/30 23:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間の根を養うもの 〜1994回のクリスマスによせて〜      花織ちゃぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる