花織ちゃぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS デジカメの性能向上 2006,5,6

<<   作成日時 : 2006/05/06 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

    
このごろのデジカメはすごい        
腕の悪さをカバーして
手ぶれを補正してくれる
なんとかジャイロっての

ピントの相手を
瞬時に判断
ばっちり撮影

ここまで来ると
腕の善し悪しは関係なくなり
写すときのコンセプトが
一番 問題になる

ボケている写真は
ボケて写したいという意志の表明
ピントが背景に合ってたりすると

それは前面の人物ではなく
後ろのものを見て下さいというメッセージとなる  

映り損なっている写真を
堂々と発表する人は
それなりの覚悟を持って
自分の意志を表明していると
思われても仕方がない

カメラの性能が上がりました
だから映っているものは
写している人の意志です

考えるとこれがたまらない
いい意味でも困った意味でも

だから
発表する時には

この
写真が
自分の意志の
真意を
写しているかどうか
吟味 吟味

何を自分はおもしろがっているのか
確認 確認

言いたいことをのせて
写真が
「真」を
映し出す

なんという「恐ろしい」技術の進歩だろうか?

素人は
自分の表現に駄目が出せない
機械も同じ

駄目を出すのが
経験と愛情

愛情があって初めて
意志の映った写真を撮れる
被写体が怒らないように
被写体が誤解されないように

それが誠実さというものだ

それが人間への畏れというものだ

デジカメの写真はすぐ写せるし
すぐ見られるし すぐ消せる
映ったものを自分で評価して
自分が何を撮ったのか
すぐに見てとれる
元のコンセプトに比べ いいか悪いか考え

駄目を出すカメラマンの意志こそが
写真に写るんだ

逆に言うとなまくらな写真は
素人でも恥ずかしくて
発表できない

恐ろしい機械が出てきたものだね

画像
  いちごの花

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デジカメの性能向上 2006,5,6 花織ちゃぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる