花織ちゃぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS 間引かれた花 2006,9,5

<<   作成日時 : 2006/09/05 20:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
百日草
花が終わって種がいっぱい
ほぐして土に蒔くと
二日三日でまた芽が出てくる

このままではもやしになるので
適当に間引き
違うところに埋める

でも間引きというのは
響きが悪い

食い扶持の足りない
貧しい時代の貧しい家庭の
泣く泣く赤ん坊の口減らし

木枯らし紋次郎は
間引かれかけた赤ん坊
その記憶と痛みは
一生消えなかった

今ならさながら
児童虐待や
育児放棄

これだけ豊かに見える時代でも
子どもを棄てなきゃ生きられない親がいる
子どもら居所さだまらず
紋次郎ならなんて言うだろう?
世渡りするにはどっちがつらい?

間引かれたとてその苗も
土をさがして
植えてやるなら
一花 二花咲き続ける
光と土と水に
百日かけた
種の数だけ

世間の風が冷たくなっても

人もそうなら
しあわせなのに








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
間引かれた花 2006,9,5 花織ちゃぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる