花織ちゃぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS エンジン解体

<<   作成日時 : 2007/08/30 20:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

今日
エンジンを解体した

ナットをゆるめ
ボルトをはずして

ふたをとって
管をどけて

ガソリンが出るのもかまわず

アルミのエンジンに
ボルトがいくつあっただろう

ばりばりと騒がしい
このエンジンに

空気とガソリンガスの入り口があって
排気の出口があって

ぼぼぼぼぼぼぼ

ピストンが上下して

爆発音とともに
エンジンがかかる

回転するタービン??

バイクがやかましい理由も
わかった

煙が臭い

雨の降る中
窓をあけて

赤いバイクのエンジンを
ばらしてからまた組み立てる
トルクメーターというもので
締める力も一定にする

ハイブリッドの車のエンジンも見せてもらう

屋根の上には何もない
ソーラーがのっかってると思ってたのに

走り出す時には
エンジンのことなんか忘れてるけど

かからなかったら
みんながエンジンをさわって
ねじを緩めて
どこが悪いか調べる

やかましいエンジン音のうしろに
らんらんで解体する
男の子たちの声がする

エンジンにこと寄せて
じぶんにもアクセルをかける
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
エンジンを開けるという噂にはきいていたけどやったことのないことを見学しました。ひもでエンジンをかけるのもなんか新鮮。たしか発電機にこういう仕組みのがあったと思います。ねじが多いからどれがどこのかわからなくなりそう。三ニュートンだの5ニュートンだのおもしろい単位で力を出して、ねじをしめるのもおもしろかった。レンチやスパナなど、どう使うのか見たことない道具も、使用していました。エンジンは繊細なので力任せはいけません。ひももピストンと連動しているので、調子がわるいものはぜんぜんかかりませんでした
ぽいふる
2007/08/30 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
エンジン解体 花織ちゃぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる