花織ちゃぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝塚ガーデンフィールズの夏

<<   作成日時 : 2012/08/05 09:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

ラビリンスの落語」について
7時から
花火があるとも知らず
3時頃
宝塚に行った

ガーデンフィールズ
お客さんが全然いない
http://www.gardenfields.jp/garden/
独り占め

画像


池が
パンパグラスが
サイランが
ルドベキアが

しゃらんと発光しながら
融け合ってる

廃墟のチャペルには
クワズイモ
いや
あれは
あれは

思い出せない
しかし
葉のうつくしい
里芋が
ボートのような入れ物に
植え込まれ
額縁のような窓に
かざってある

画像


そのそばに
うつぼかづら

これが枯れて黒く
そういうの
ちゃんと
計算して

これをみたときは
これがバックにあって
お互いを引き立て合って

心憎い

なんて言ったらいいのか

文学的
絵画的

舞台装置的で

どこからみても
感心する

緑のトンネル
日陰のホスタ

画像


その白い花が
ポールスミザーさんの
日本語を
思い出させる

ガウラの小さい花が
揺れてる影まで

計算されているような

シンフォニー的空間だ

すごい





お店で
ユーストマと
ペチュニア
を買ったら

観葉植物が
もらえた

アレカヤシ

http://www.foliage-plants.com/kind/middldet_detail_3.html

日が当たると
影が面白い

夏だ

どこにいても
この
日差しを
楽しむ

木陰の涼しさと
木漏れ日に
笑う
夏だ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
里芋の名前は
カラジウムでした
ぽいふる
2012/08/06 00:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
宝塚ガーデンフィールズの夏 花織ちゃぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる