花織ちゃぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS 博物館は天井で勝負する

<<   作成日時 : 2012/10/16 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京の国立科学博物館
あたしは
不満があった

それは

天井の張り方についてだ

天井にパネルがなくて
あなあいた
格子だった

貝の標本の後ろも
穴があいた
格子だった

これがいけない

恐竜の標本の骨の作りと
格子が
ぎざぎざに
かぶって見える

なんか

いやだ


それに比べると

大阪の長居の自然史博物館は
素晴らしい

照明の当て方が
しっとりしてて

骨がくろぐろ
褐色
白くて

陰が
美しい

その上に
天井の白いパネルに
骨たちの美しい影が
映って

とてもロマンチックな空間になっている

遥かな思いを
引き出す
照明と展示

昆虫の箱も
植物の標本も
後ろの壁が
邪魔することがない

だから

気持ちがとろんとして
夢心地になってくる

いつまでいても
気持ちがいいの

東京の人には
悪いけど

こっちの展示の方が
気持ちがいい

おいしいコーヒーの香りの中で
うっとりするような感じ

そういうの
来て確かめてください
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
博物館は天井で勝負する 花織ちゃぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる