花織ちゃぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS かぐや姫の物語

<<   作成日時 : 2014/01/03 20:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

混ぜる 2007,2,1」について

http://kaguyahime-monogatari.jp/introduction.html


月に何かを
深く感じたこと
あるかないかで
この女性への
思い入れは
変わる


追いかけついてくる月


もし野原で
いつも生活して

照明もなくて
仕事は日が登り沈むまでで

あひびきは
月夜の明かりがたよりだったら


月に導きと安寧を願う
心が募り

人の姿に生まれて


身近にいさせ大きく育てる夢を
膨らます人間が

いても不思議はない


かぐやさんには
来ていただく必然が
人間側にあったはずで



映画ではそういうとこはなくて
月の住人が地上の話聞いて憧れることになっている



女性解放を願うそれでも
太陽でなく
光を反射して光る月として生きる
原始女性は太陽であったの反対の

ジェンダーを背負った女性が主人公で

妙な求婚者の魔手を振り払って

つい月の里に
助けを求めてしまい帰る羽目になって

宇宙人の本来の顔に戻るかぐや姫


妙なジェンダーを着せられて
嫌だったことははっきりしてた


捨て丸は月の光に
魅入られてた
他の男たちと同じ


かぐやさんの初恋の相手で

薬物依存の人の麻薬が見せる幻想の中のように空を飛んでいた

姫さんが月に
帰らなければ
男たちはみんなただではすまない


どうやら彼らを
とりあえず
この世から
落ちていかなくするため

はみ出しものにしないため


かぐやさんは古巣に戻ったみたいだ



子供から大人への変化のなかで
メルモちゃん
みたいになったかぐや姫


でも色気を抑えて意志を前面に出して

アリーテ姫の
気持ちを持って
貴族の男を振りまくる

結婚否定の物語


いつでも下手すると
女ジェンダーでがんじがらめにさせられる
希望のない日本女性たちの苛立ちを
代弁するような

物語ではあった

それと

体の中に
月に
魅入られたがる
お誘いになびく
原理をたっぷり持ってる
男たちの
弱くて
懲りない
性を

影絵に写していたのかもしれない


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
かぐや姫の物語 花織ちゃぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる