花織ちゃぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS 奇跡の動物園 かばのザブ子と百吉

<<   作成日時 : 2015/04/12 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アウトドアの季節到来」について
ドラマでザブ子の死の前後の事情が
描かれて
カバ館の開館にまつわる
飼育係の
苦しくて悲しい気持ちと
年老いたザブ子を
新居で
見送りたかった園長さんの一世一代の判断について
ソフトに
伝えられた気がした

何でも叩いて
無責任な
意見をぶつける人がいて


命が心ならずも
消えていく現実に向き合い続けた動物園の人々に

ドラマが

視聴者の理解に手を貸して
ソフトな受け止めをする方向に
持って行ってるように思えた
フラミンゴのくだり
何回見ても
動物園側に辛くて

やってもらうのも嫌だったのじゃないかな


でも
ほんんとに
役者さんたちが
見て
美しくて

小出さん
戸田さん
山口さん



絵になって いい



うちらの身内の城島リーダーは

この批判と心苦しさを一手に引き受け
しかし城島なら許せるって

国民的生き仏さんの強みを
感じさせられた
修行の
ダッシュ村とダッシュ島の彼を

カバの飼育員にあてた

素晴らしいキャスティング

スコップの時の気持ち
カバの飼育が向いてないと思ってる時の落胆とか

そっから

ザブ子の死と
牧村さんのノートを見てる時の
やらんならん
希望と使命の気持ちが
感じられ

これはみんなが知ってるこの長い道のりの続きに起きた
本当の出来事に思えた

カバの水槽の周りにカバの食べる草を植えて

合鴨よろしく
草を
カバの糞が肥料になって育て
カバがかき回した水に
虫が湧いて
それを食べに鳥が来て
その鳥がカバの背中にとまって

かゆいところをつつく

水田で起きてる循環がカバの周りで起きたら面白いのに


城島茂の茂は
ビオトープの
別名だったら

旭山動物園に
もっとすごい生態展示が
出来ると思った

彼は何を
思ったかな

明雄さんが
近くで
まだまだだなって
かば舎を
覗き込んでいそうだ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
奇跡の動物園 かばのザブ子と百吉 花織ちゃぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる