胸 の 吐 息 で1999、10、6 

胸の吐息で ふくらませようか
五色の紙風船
くるくるまわりながら
宙にのぼる 

手触れるたび
かわがへこみ
かすかな音をたてる

やさしくふれたつもりでも
いつのまにか
へすばる     

それにこまかいしわがいっぱい

 風吹いて
 木の枝にあたり
 砂の上に落ちる

 ろう紙いろのむこう 
 流れる青い夕日     

もういちど吐息をつめて紙風船
外気につながり

へすばり ふくらみ やぶれ   
どこで 
まわる まわるの
五色の紙風船

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぽいふる
2005年10月05日 20:11
「まわるよまわるよ」というのは既存の歌詞からきています。確か宵宵山コンサートでドン佐野さんが歌ってた歌です。「この世はめぐるメリーゴーランド」という歌詞もありました。のちのち鈴木さんが似たような歌詞を違うメロディーで歌っていました。あれは確か東海村のJCOで臨界事故があった日のことでしたっけ。後で知ったときは、紙風船=地球のメタファーに思えてそら恐ろしくなりました。
ぽいふる
2021年04月04日 17:43
今日の子ども科学電話相談

狩りの上手い鳥

それは茶色ハヤブサだって

どこがすごいかは
聞いて確かめてね

オーストリアの鳥だよ

バード川上さんの
説明の順番が素敵

くるびさんは
思ってること言おうと前のめり

成島さんの
人間への警告も
大事大事

カマキリもカブトムシもツバメも
ヨウスコウカワイルカも
ササゴイもカツオドリも出ました





この記事へのトラックバック

  • つぶれやすいところに意味がある

    Excerpt: 「胸 の 吐 息 で1999、10、6 」について 支えがとれると しわばんで 結局ぺしゃんこ Weblog: 花織ちゃぶ racked: 2012-07-11 21:26
  • よく見つけてくれましたな

    Excerpt: 「胸 の 吐 息 で1999、10、6 」について このページ 私も探してた Weblog: 花織ちゃぶ racked: 2017-05-18 20:49