こどもにプレゼント2006,9,10

http://web.kumanichi.com/iryou/kiji/kodomo/3.html
大人の喫煙者の無神経さや鈍感さには驚きを禁じ得ないことが多いですが、
せめて子どもたちには、喫煙の本当の怖さを小さいときから教えておく必要があると
思います。静岡県では小学生の時から、上記の記事のように
汚れた肺の様子を子どもに見せて、
煙の汚らしさや健康被害について教えているそうです。画像

JTもテレビでこれぐらい宣伝してもらいたいと思います。
喫煙者が好き好んで発がん物質にお金を払っているのは、
タバコ会社のイメージ戦略のせいも大きいと思うから。

それと、タバコ吸いながらええかっこしている芸能人なんかも同罪だと思います。

そしてタバコ産業自体が早くタバコ製造から撤退してほしい。
ただ農家の転作の支援はタバコ会社の責任でやるべきでしょう。

とにかく

人を病気にするような商品が、
駅の自動販売機などで売られている事自体が
異常です。

禁煙タイムを作ってる意味や、駅の外でぷかぷかしてる人のせいで受動喫煙になっている乗客や駅員さんや売店の人たちの健康被害について
もっとよく考えてみるべきではないでしょうか?
鉄道会社も、タバコでもうけること自体の罪と責任を認め、
早く駅での販売を中止して欲しいと思います。画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 喫煙少年Aについて

    Excerpt: 「こどもにプレゼント2006,9,10」について  帰り道で見かけた喫煙少年。昨年肺ガンで亡くなった同僚の話などして、火のついたタバコを消させようとするも、どんどん調子に乗って来て、見ず知らずの私に.. Weblog: 花織ちゃぶ racked: 2006-09-12 21:20