アゲハチョウの映画

オズの国の女王の唄 1996,10,30」について
アゲハという子が出る映画「スワロウテイル」

洞穴に
あくびの音が響くような

バブリーな時代の映画

意味なく残酷だし

ええかっこしいだった

テーマソングの
気が抜けていて

人々はこんなの見ておもしろいんかと
思った

今となっては昔の話

誰かがお金を出して
そのころの日本を
おもしろおかしく
描いてあり

それをあたしは
めためた
ばっさり
ぼろぼろになるまで
切って捨てたのを
思い出す

いろんな経験を積み
映画館に行くのに
めげ

それでいまは

手軽な娯楽のテレビに
文句やいちゃもんを
つけるのが
お楽しみなのだった


スワロウテイル [DVD]
ポニーキャニオン
2003-11-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スワロウテイル [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ぽいふる

    メディアは切っても切っても
    なんも感じない

    そこに見切りを
    そして発車を

    してる人がこのごろは一杯いる

    Hey You

    tube にドーガ

    とうとう

    流す側に
    ならんとする

    ここんとこ

    2020年06月09日 19:46

この記事へのトラックバック