日本列島を東に引っ張る力

崖下の小余寝 映画「崖の上のポニョ」を見る」について

海のプレートが陸のプレートのしたにもぐりこんで
西に三センチずつ
押し縮められてた
日本列島が



ひずみにたえかね
陸のプレートが
跳ね上がって東日本大震災がおきた

それで今までと逆に

東にずるるると
引っ張られる方に
力の向きが
変わったらしい

断層のうち
逆断層は
土が盛り上がって行き
正断層は
土が離れてがくっと落ちる
そういうのだった

押し付けられて動いてたのは
逆断層の方だったので
正断層は動かないといわれ
その上に原子力発電所ができたりしてたが

引っ張る力に変化したら
正断層が
盛り土の境目が外れるみたいに
ごっそり
下へ落ちて

原発の下の土地の
破砕層が
バラバラに動いて
地面が
がくっと
下がったり
ぼこぼこに
なったり
するかもしれない

京大のちっちゃな原子炉でも
配管が
とても多かった
地面がでこぼこしたら
配管の高さが
上り下がりして
つなぎ目が外れたり
引っ張られたりするだろう

またまた
冷却水が
抜けたり
するんじゃなかろうか

敦賀原発や
柏崎刈羽

浜岡
大飯

高浜美浜

断層だらけの
断層でできた
日本列島に

こんなにたくさん
原発があって
滋賀県まで
ややこしい力のバランスの崩れが
できてるんだって

サイエンスゼロで見たぞ

再放送が明日あるので
みんな
見てください

化石と地層の話も
あるよ



http://www.nhk.or.jp/zero/re_bc/index.html

福井県の大飯原発、敦賀原発、美浜原発、石川県の志賀原発、青森県の東通原発…いま、各地の原発で断層の再調査が進められています。
東日本大震災で海溝付近の震源域が連動したように、複数の活断層が連動することで、想定を超える巨大地震が発生する可能性があるのではないか。さらに、活動しないとされていた原発直下にある断層が動き、地盤にズレが生じる可能性があるのではないか、と専門家に指摘されているからです。
実際、福島県では、東日本大震災がもたらした地殻応力の変化により、国や電力会社が動かないと判断していた断層が活動し、地震が起きたことが明らかになっています。
世界的にも地殻変動の活発な地帯にあり、「断層が全くない場所はない」とも言われている日本。断層とは一体どのようなものなのか、断層とどう向き合って行けば良いのか。最新の研究をもとに、原発が抱える活断層の問題に迫ります。



2012年10月27日(土)
[Eテレ]
昼0:30~1:00

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック