グリーンピースの福島沖のお魚 放射能調査

http://www.greenpeace.org/japan/ja/campaign/monitoring/19th/

福井の原発の再稼働がもくろまれているが

福島原発の放射能による
海洋汚染が
止まらない

大きな魚の餌
小さな魚の餌

やっぱりセシウムで
汚染されているようだ


泳いで南下する
魚たち

最近
魚を
めったに食べなくしてるけど

たまに
食べて


忘れて


じわじわ

体に
入ってるような

気がして


サバ( Ca va?)

ノン(Non )


ノン

マグロ
養殖の餌のサバだって

ひょっとしてと
思うと


喉を通らない



グリーンピースのHP
より


調査結果まとめ
24サンプル中、富岡港の3サンプル、久之浜港の2サンプル、小名浜港の3サンプル の計8サンプルより放射性セシウムを検出しました。
3港はすべて福島県です。

福島第一原子力発電所から南へおよそ10kmの富岡港で採取したフクロフノリからは、1キログラムあたり109.9±4.8ベクレルのセシウム137と、同57.1±2.3ベクレルのセシウム134が検出され、依然として海洋生態系が放射性物質によって汚染されていることが確認されました。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック