グリーンピースのメールを転載しま...

「倫理なき原発輸出を許さない緊急来日集会 東京・大阪・京都」グリーンピースのメールを転載します」について
[2013年6月22日発行]

こんにちは!
一年で最も昼間が長い季節になりました。
皆さまにはいつもグリーンピースの活動を応援してくださり、ありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インドネシアでグリーンピース まさかの逆転劇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

6月7日、インドネシアのユドヨノ大統領が、グリーンピースの調査船
虹の戦士号を家族と閣僚とともに訪問しました。

大統領は「子どもの世代のために生物多様性を守る必要がある」と訴え、
グリーンピースの要請を受け入れて森林と海洋の保護を約束。
グリーンピース・インターナショナルの事務局長クミ・ナイドゥに対して
「グリーンピースには、インドネシアの課題を指摘し続けることで
 良いパートナーであり続けてほしい。
 グリーンピースがインドネシア、そして世界のために取り組んできたことに
 感謝したい」
と語りました。

とても友好的なメッセージですが、実はグリーンピースとインドネシアの
関係はつい最近までまったく違った状況にありました。
虹の戦士号の入港を拒否されたり、職員や事務所が嫌がらせを受けたり…。

しかしグリーンピースは10年にわたってインドネシアの森林と生物多様性の
保護を訴え続け、その結果、インドネシアの森林から製品をつくっていた
多くの多国籍企業が方針転換に合意しました。

そしてついに国が動き出したのです。
市民の力が社会を動かした、記念すべき出来事でした。

詳細はこちら:http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M274398&c=50823&d=8160

グリーンピースはこれからも、インドネシアをはじめとする東南アジアの
熱帯雨林と豊かな生物多様性をまもるために、活動していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●エコな毎日プレゼント

このような成果はすべて、グリーンピースとともに行動してくださる
市民の皆さまのお力によるものです。
只今、グリーンピースに新規でご寄付を頂いた皆さまに、
FSC認証リサイクル材で、木工職人さんが手づくりした
グリーンピース・オリジナルグッズを数量限定でお届けしています。

詳細はこちら http://greenpeace.org/japan/ja/donate/eco-present/?gv20130622

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*********************************************************
お知らせ
*********************************************************


■倫理なき原発輸出を許さない 緊急来日集会

日本からの原発輸入国であるトルコ、インドから
現地の声を届ける緊急来日集会を大阪・京都で開催します。
講演はトルコ出身でグリーンピース・インターナショナル 核・
エネルギープロジェクトリーダーのアスリハン・テューマー、
グリーンピース・インドのエネルギー担当、カルーナ・ライナ(逐次通訳付き)。
是非ご来場ください。お待ちしております。

開催内容詳細は下記のURLから ※お申込み不要
https://secured.greenpeace.org/japan/ja/form/201306-export/?gv20130622

<大阪>
日時:6月22日(土)18:00~21:00(逐次通訳付き)
会場:エル大阪
参加費:800円
共催:グリーンアクション ノーニュークスアジアフォーラム
協賛:若狭ネット 美浜の会 ストップ ザ・もんじゅ

<京都>
日時:6月23日(日)13:00~15:00 (12:30開場)
会場:京都大学文学部新館第2講義室
参加費:800円
主催・詳細: ODA改革ネットワーク関西 http://d.hatena.ne.jp/odanetkansai/20130612/1371029385
お問い合わせ: 070-5650-346(内富さん) muchitomi@hotmail.com


■安倍首相の原発輸出交渉にワルシャワで抗議

16日、安倍首相はポーランドでチェコ、ハンガリー、スロバキアの
各首相と首脳会談をし、日本の原発の「トップセールス」を展開。
会談が開かれた首都ワルシャワ中心部の旧王宮には地元の市民が集まり、
原発開発への反対を訴えました。

抗議の模様はこちら:http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M274399&c=50823&d=8160

グリーンピースはこれに対し、声明を発表しました。
声明全文:http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M274400&c=50823&d=8160


■原発にもメーカー責任を問うオンライン署名実施中

もっと市民の声を届けるために、お友だちやご家族などにも拡散を
お願いします。

署名はこちらから→ http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M274401&c=50823&d=8160


■セミナー「いつまでお魚食べられる?
      ~放射能から乱獲まで、いま海でおきていること~」

日時:6月23日(日) 10:00~12:00
主催:保養ネット・よこはま/横浜・ごみを考える連絡会
場所:かながわ県民活動サポートセンター 402号室
資料代: 300円(定員:90名)
申し込み先:s.56.mitsuko@gmail.com
担当:池内(横浜・ごみを考える連絡会)

日時:6月29日(土) 13:30~15:30
主催:子どもの未来を考える会嵐山
場所:埼玉県比企郡嵐山町 嵐山町ふれあい交流センター(旧役場向かい) 2階多目的ホール
参加費:無料
申し込み先:kodomoranzan@hotmail.co.jp
担当:マスダ(子どもの未来を考える会嵐山)

詳細はこちら:http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M274402&c=50823&d=8160


■3.11 わたしは社会を変える戦士になった オーシャンズ6

第3回目は、千葉県千倉で水産加工会社を営み、自ら魚の放射能検査を
行っている大野登さんの登場です。
大野さんは震災直後から魚の自主検査を行ってきました。続けていくうちに、
どの魚が汚染されているかどうかが、分かるようになってきたそうです。
「千倉の魚が安心でおいしくありたいんですよ。ただそれだけです」と
検査を続ける理由について答えてくれました。

詳細はこちら:http://www.greenpeace.org/japan/oceans6/vol3/?gv20130622


■中国が受け入れ、日本が保留したワシントン条約のサメ規制

フカヒレ目的の乱獲で減少が著しいシュモクザメ3種を含む5種のサメを
ワシントン条約の規制対象とする決定を、中国が受け入れを発表しました。

これにより、資源保護への大きな一歩が期待できます。
しかし一方、日本政府は、「資源管理は既存の漁業管理機関で行うべき」との
理由から、この規制の受け入れを拒否することを意味する「留保」を
発表しています。
日本政府が頼りない今、消費者の声で流通を変えることが急務です。
ぜひスーパーに対して「乱獲された魚は売らないでほしい」などと言った声を、
一緒に伝えてください。

詳細はこちら:http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M274403&c=50823&d=8160

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック