お世話になりましたやなせたかしさん

画像
子どもが小さい頃にめばえでいつもお世話になった

アンパンマンのやなせたかしさんが
亡くなられました

詩とメルヘン
詩とイラストレーションも
時々買っていました



若い人の絵に混じり
飄々としたやなせさんの絵が

言葉も含め
面白かった


なんか老いても老いても

それを描けば楽しいと

面白がって描いているような

気がしました

編集しつつ選定もして
絵描きさん
詩人さんの

登竜門を用意して下さいました

一つぐらい応募しておけばよかった

娘の絵も見ていただけばよかった




痛恨の訃報です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

わびすけ
2013年10月18日 00:39
はじめまして。
突然すみません。。。

そうなんです、詩集なども素敵なんですよね。
十年ほど前になりますが、初めて手にした時に、その柔らかさ……言い得てないかもしれませんが、角の無い丸みを帯びた言葉とその内容に、ひどく胸を打たれたことを思い出します。

去年の真夏に産まれてきてくれた息子とも、アンパンマンの話題は、親子にたくさんの会話と絆をくださいました。
2013年10月18日 20:07
アンパンマンのテーマソングを
改めてかみしめてみると
本当に大切なことを言ってると思います
胸を傷でいっぱいにしながら
誰かを助けている
そんなヒーローだということがわかります

歌うと
気持ちが優しくなってきます


この記事へのトラックバック