滋賀県高島市汚染チップ問題 今日滋賀県庁前で要請行動があったらしい 

琵琶湖の西の高島市の鴨川河川敷に9月からずっと
福島原発事故由来の
放射能に汚染された木材チップが
放置されていた
きわめて悪質な不法投棄の
問題が

気になったので調べてみたら
下のようなブログにヒットしました
12月14日から移動が始まったそうです

これまでの経緯もたどっていくと
この環境汚染について
一番の問題は
「撤去した廃棄物を誰が引き取るのかはっきりしない」
ということのように思いました


また
一旦雨で流されて琵琶湖を漂い始めた放射性物質を
我々も飲まされた可能性がを否定できません
水道水の放射能汚染を
大阪では検査しているのかしら

廃棄物移動の
情報を隠蔽せず
どうしていくのか
みんなに内容を教えてもらいたい
と思います

もし少しずつ目立たないようにあっちこっちに
ばらまいていかれたら

これまで測定の習慣のない
関西の人たちは
ほとんど気づかないまま
被曝させられるかもしれないからです

土嚢の形でほったらかし
子どもがそばで遊んでいるという福島の写真を見てショックでした

これと同じようなことが
おきかねないと
思うと
ぞっとします


http://d.hatena.ne.jp/ishikawa-kz/20131223/1387797112
滋賀県高島市汚染チップ問題。市民の緊急要請が二件、近日行われる模様

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック