芸術家の今生は 100人分

マスク 2006,1,24」について
芸術家が
生活苦を抱えるのは必至
それが日本の若い芸術家のさだめ

働きすぎの母の援助もらえず

電話でぶ愛想な
対応しかされず

傷ついた心
絵に描いて
眺めてた

かわいそうな子


今生に未練

ありありなはずだったが

芸術家は
作品で
人に愛でられ

命より
作品で
生き残る

100回
好かれたら

100回
生き直す


今生の生は

こんなに短かったとしても

そんなこと
考える母は

子の立場では

いらん

足しにも何にもならん

かったと思う

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック