バラの性質

辞典によれば
バラは
品種ごとに
性質が違う

大人も子どもも
性質が違うと
住める場所に限りがある

ばらも
置いてて
枯れたり
葉が消えたり
蒸れて白くなったり
ゾウムシに寝首をかかれたりする
耐病性
ってのが
注目点

なかなか咲かないと書いてあれば
本当にそうだった
画像

アロマテラピーとヒロシマレクイエムは
めったに咲かなかった

よく咲くやつはよくしげるやつ

枝が長く伸びるやつは枝がつる性だった

ジャックの豆
みたいなバラがドームに伸びて
日陰を作る

までは到底いかないで
葉っぱが
チュウレンジハバチの餌食になる

虫の野菜としてのバラ

ヒップが欲しくて作ってるのではない
種ができやすい子沢山のバラ

名前はバラでも家系は
一直線ではない

どこに出しても咲くからそこが不思議
温帯で湿潤な日本にピッタリの
バラの行進曲

ミリオンローズ

もらえないから自分が
かき集めている

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぽいふる
2020年05月03日 10:50
昨日からバラのタグの作り直しして
16足す27で43枚
作った

プラ板で
オーブントースターで
焼いて縮める

プラ板には
3分の1のと
5分の1のがあるって
昨日知った

今日のは昨日のの
何分の位置のサイズの札になるのか

昨日のダイソーのは
おとといのキャンづーのの

5分の3倍の材料量なのかな

五センチになるかなと思ったら三センチのタグになったってことかな

今から実験するぞ

この記事へのトラックバック