あたしと私

アンプラグド」について
だいぶ前
歌詞に
あたしと書いたら
ダメだって言った人がいた

漂白と矮小化が好きな御仁の
いちゃもん

一人語りには
どんなボイス当てるか

文学の基本

個人の語りにするか

教科書の筆者みたいに
人格を消すか

辞書にも
項目書く人の
声がすることあり

どんな立場でもの言うかも
出してよろしい

最近の公共放送
安倍忖度放送局は
使う用語どころか

大事なことは極力言わない方針だ

あたしで言うのと私で言うのの地続きに

あたしも私も口ふさがれて
そもそも
言うのも億劫な問題だらけの
世界がひろがる

自動展開するロボットのように
このwordを塗りつぶして

使えなくする画策が起きてる
これでどれだけやっても
印刷すらできん

OS とは
全てを握ってて

こっち押すからOS

続きにボッタクリの血吸いガッパが
目剥いて
口開いて

待ち構えておる

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック