おじいさんの筮竹

実家に行った
半年ぶり

マスクして
父としゃべる

水に困った
借家で壊した水道栓


足の指骨折して歩きにくくなって
気の弱いことばかり言う

大阪市なくなったら
えらいことになる
福祉会館がなくなったら
生きがいの碁もしにいけない


今日のトピックは粗大ゴミの
片付けで

何もかもに未練があるって

ガレリーさんだ
なんでももったいなくて捨てられない

娘が漫画で描いてたな

この二人の接点はあまりなかった
じいちゃんと孫


それでも
心性はよく伝わっている

しかし今回の最大のトピックは

父の父の

筮竹

日露戦争行ってた

宗教家の私のおじいさんだ


徳島43連隊の朝鮮半島での記念写真が真っ二つで出てきた


侵略者だったんだ



この筮竹の包むきれが

1940年台の空気を包んで
いたが
父は無造作に開けて

筮竹の使い方を私がネットで調べてみると
目を丸くしてた

なんでもあるなYouTube



出たコンという言葉から八卦という言葉を調べる
陰陽五行道とか連想する

易経なんだあ
いちいち読んで占いの託宣を
告げにゃあならんのだ

これやって世渡りしてたんかなおじいさん

演説して
聴衆のサインを集めている
みんな筆の達筆だ

こんなに名前集めて

あちこち歩いて喋ってたんだ
万世一系という書があった


ミトコンドリアの話かなと
今なら思う
昔の人は
そういう話好きだったんだ
天皇の名前が並んでる
あの藤原兼家の末代の人
浮気で
道綱母を泣かせた
兼家

でも
光格天皇のとこで庶民と混ざった

どこまで遡るかと思えば神武

糀谷先生が言った縄文の
昔の


筮竹の行き先は易経だった

父は全く習っていなかった
子に教えなかったおじいさんは

信じてなかったんだろう

冊子の表紙に漢詩が書いてあったので
なんか見たことあるような気がして
調べたら
蘇東坡の

無一物中無尽蔵
有花有月有楼台

とかいうやつだった

禅語なんだって

神道だと思ってたのにおじいさん
こういうのは
神仏習合というのかな

蘇東坡の名前で
トンポーローを思い出した

教えてあげたけどなんのことやらって感じだった

足が腫れてるのにトンポーローは余計だ

カルシウム入りのドリンクを10本置いて帰る


家でクックパッドでトンポーローを調べ
作ってと言うと

やったるとうちの人が言う

今日はあんまん作ってくれたし
ビーフカツも作ってもらった

筮竹は
トゥキパスイ

天のために一本さすんだ

これ持って全国歩くのは
ちょっとしんどい

包んでるきれに
所々血痕が
ついてたぞ

まさか

これで戦闘中に活路開いたんじゃなかろうな

筮竹と言ったらうちの人が黒猫ルーシー出してきてくれた

平和な時代でありがたいなと思う



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント