大岡信さんの批評

受けた講義の記録

後で読むと

大岡信さんが

一般の人向けに書いた古典の評論の

値打ちに気づかされます


私の万葉集

折々の歌

など


長谷川櫂という人が

批評が大事だと書いておられます


正岡子規がやった古今集と紀貫之への
価値下げを

ひっくり返したのが大岡信さんで

人の言ってることを疑ったりひっくり返したりしてこそ
批評なんだそうです

おもしろい

「古今和歌集の創造力」という本もあります

正岡子規が
明治以降の人の目の上のたんこぶになったのを

大岡信さんはよくわかっていたのじゃないかな

文芸が大衆化して
古典に学ぶことを横に置いとく時代が江戸時代の後期から
明治時代にかけてだったのかもしれません

個人の思いが出しやすくなってきた時代を近代って言うそうです

写生すれば俳句になるけど
上手い趣向がないと
駄作になる


選句をみんなでやって
駄作を捨て
いいのを拾う

批評で遊ぶ

そこが遊びで
楽しいのでしょう

選者の価値づけバトルが
良い作品をクローズアップするから選集が生まれる

ともいえるでしょう
7A0CC9E3-4361-4D19-BBBB-851B3F9F5413.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント