5月5日に女の子が

https://16183658.at.webry.info/202104/article_4.html

闘草という遊びがあった
昔の中国で

なんと
旧暦5月5日の
女の子の遊び

珍しい草を持ち寄って
その優劣を争った

と漢詩のテキストにある

日本では
平安時代からはじまったとされ
草の種類や効能を競い合ったんだって

私の思いつきは

伝統に通じてしまった


オヨヨ


江戸の良寛さんの
漢詩をラジオの漢詩テキストで
今日偶然見つけた

  闘草

也与児童闘百草
闘去闘来転風流
日暮寥寥人帰後
一輪名月凌素秋

草合わせ

また子どもたちと、草を闘わす(ポケモンバトルの要領か)
戦い終わって一人去り次が来て闘う ますます風流だね(なんと子どもが)
日暮れて寂しくなって人帰った後(子どもの歓声が消えるととぐっとさびしくなるねん)
空に満月明るくて 地上の秋に勝つ(一人ぼっちでもカッコいい月だったぜ)

全国の食材で作る料理の対決の番組も
(もったいないほどの農産物海産物で作ってた鉄腕ダッシュ)

ルーツは

草合わせ
なんだね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぽいふる
2021年04月11日 21:48
上等の食材
練り物に入れる
形はいらない
味があればいい

見る方は全部を
練り物風の
脳みそにあえる

もったいないって言葉が
お釣りになって
口から出る

天然の美を
とった
近くで
食べる方が
美味しいに決まってた

かつての日常