宙フェス行きたかったが

宙フェス行きたかったが 今日は中止で しょっちゅう上から 地球を見る 天気図 こういう風に 雲の切れ目探しながら 上を見たり下を見たりしてて 溝の掃除も遅れてて 水浸しに驚く 水浸しの星です 私らのプラットホーム プラネットホームは

続きを読む

うんてん

任せろ 天が 言う よろしくと 頼る 運が天に任されると 勝手に 道が開けて 逆境が順境に うんてん 運が転ずる といいな 今日来たピアノのコード表 団子のような音符が 上になったり下になったり 指がつりそう 音はひどそう 遠慮もない 転奏 免許もなく 交通費もない あるのはコックリさんのお告げのような 頭の痛み 早く寝たほうが マシだった 目が冴えて 寝られない 乗り物に乗れば イチコロ なのに

続きを読む

迷ってばかりの東京

昨日から東京に来てる 行き先がどんどん増えていく 朝6:34には新大阪出てて 上野で松方コレクションを見た 次 葛飾の青砥へ移動 上野から京成の駅がわからなくて公園の中をぐるっと回ってエレベーター乗ったりしてぐるぐる 今日見たら昨日の昼入った となり という名前のタンメン屋さんの すぐ筋向かいに駅がある 次 菊川までカバンを持っていく 途中にツリーがあるとわかり行くことにした バスがあって速い 天空プラネタリウムに9時に入る ジープ島の南天の星空だ このあとバス停探して来ないので とうきょうスカイツリー駅で私鉄乗ったら逆の東向島駅に行ってしまって帰れない 家にFaceTimeして時間を潰す なんか色々通るけど 浅草に行くだけでは菊川に行かれない 戻って改札で払い戻ししてもらった 押上まで歩いたらさっきの電車の特急が来て やっとひがしにほんばしに行けた よく混む電車であった 今日も朝からじんぽうちょうから出てビルを探して迷った ビルに入ったらエレベーターがいきたいかいで止まらないから降りて 三つ上がれるやつ探して乗る 次 会場に入ったら 30分後に違う会議だったとわかった 昼休みに出て見たら 入口の張り紙がよく似てた 番号も何もないから 入ってもわからなかった 鹿児島 新潟 福島 滋賀 大分 北海道 沖縄 山梨 長…

続きを読む

箱からカホン 服にはボタン

「うちのカホン」について 箱からできてるカホンを 本当に箱から作ろうかと 箱を仕入れたが 板を打ち付ける前で立ち止まってしまった 見栄えが悪い 一方 ボタンの方は安いジャケットの丸ボタンを 高級ボタンに取り替えてみた 神戸のボタンと船場のボタンと 山田のボタンから 見繕って 袖にはモフモフをつけた 箱からカホンはできてないが 特注ジャケットはできた 自分に特注するのは おもしろいな 電車の中で他人の服を見るが どれもチャックの服である 私のようにボタンの付け替えが出来そうな服を着てる人は あまりいない ショッピングモールの服もチャックばっかり ボタンには自己主張がありすぎて 気に入られないリスクが伴うのかもね 取り替えて自分の好みに直し 一人で 悦にいってる それによって 写真の表情が良くなる効果が 期待できる

続きを読む

うちのカホン

「バケツにもかかわらず 2006,8,23」について ミニカホンを買ってたたいてるが 音が高くて 物足らない 箱に入れて しまってしまった しかし そこに袋被せてたたいたら あら不思議 音が カホンらしくなった 袋と箱の向こうには カホンの穴があり 穴の上をたたいたら 低い音が出る もうはだかはいけないの いつも服を着せて それから頭に ミニタンバリンをつけて 左右から叩く いや 前と後ろを叩くと 低い音と高い音が出る 手遊び すさび クッコリナンカタタク チャンゴでもないのに タンバリンがお茶目 ドラマーのセンスが あれば きっと うまくいく まな板叩く カホンじゃなくて ナンタというのがあった 韓国のミュージカル 教則ビデオであれを思い出した リモコンがあれば あたしにも ナンタが いわゆるドコドコ じゃない スタスタが 一人二役でたたけるはず

続きを読む

きょうびの園芸

「種まき続き」について 土のネット購入で 腐葉土を仕入れた 菌の黒汁入り 連作障害が怖いので 緩和するやつ 鉢にかけていくと チューリップの芽が心なし程度伸びた バラの根元にも インテリアバークは外してみると 穴がいっぱい空いてるのが気になる 嫌な卵がついてたり 鉄砲虫が住んでたり したらいやなので オルトラン水に浸けた 雑草まみれのインテリアバーク 洗って 回収 また鉢に戻した やれやれ 虫は出るの 実は きょうびの園芸の必殺技は まだある しかし 虫も冬休みなので 春が近づいたら 必殺技も出す くらえ と言ってパラパラ ニームで 虫に嫌がらせだ ニームは臭い にんにくみたいな匂い こういう苗木をたくさん育てたら イナゴも飛蝗も近づかないらしい そういえばうちにはハナニラはいっぱいある むしったらニームになる けど バラゾウムシは蕾に穴あける ニームの効果はまだわからない 必殺技はめったに 使わないもんだから

続きを読む

5鉢お任せ

「届いた苗木5株」について 年末の詰め合わせ 5鉢 昨日ついた ポインセチア シャコバサボテン ガーベラオレンジ モリンバ黄色 シクラメンピンク これにまた 売れ残ったチューリップの百個お任せ 仕入れた 明後日植えたらいいな どこまで続く チューリップ 一個一個にストレスのせて 去年の小さい球根も 植えてある あんたも大変やねと 人に言いながら 自分も慰める 胃がムカムカするのを チューリップで しのぐ

続きを読む

シンボル操作する猿

知人のお別れ会 山が大好きな二人で スライド 山また山の記念撮影 いっぱい星を 見たろう そういうの すごいな うちはみんな空想で 理解 体や心の危機を 言葉や絵で表現して 助けての声が出せなかった 救急車呼んでくれる知人が 近くにいたら助かったのだが シンボル操作に明け暮れていたから つかみきれず あたら 若い命 落とした 知人はシンボルでなく 山の地肌をつかみに行ったろう 靴が二足 これも仲良く 置いてあった いたましいかぎりである 二人の長年の友人から 人となりを語るスピーチが次々 ヒトヤサキワレヤサキ オクレサキダツモノノナラヒ 胃が痛くなり 膝が痛くなり 寿命がストンとつきる日が 頭をかすめる

続きを読む

百均のタネ

「てぬぐい頭でパッシブに」について タネ買って蒔いてる昨今 バッタが襲ってくるので 芽がなくなる 今日も蒔いてみたぞ めげずに 書いとこう 金魚草とルピナス この後 ラナンキュラスとバラと パンジービオラがひかえてる 捨てたリコリスの球根は 夫さんに 淀川べりに植えてもろた 近所のマグノリアの大木が公園で 横たわってる 大風の影響で 尻目にうちの草を増やす ほんとはマグノリアの命も助けたい しかし 手が回らない 3階の雑草も抜いて指で掘ってみた ヒヤシンンスの球根が 太ってる ジャーマンアイリスの球根がやせ細ってる 百均のタネ 蒔かなくても 草はいっぱいあったの 我慢が足りない 自動運転の私

続きを読む

消えたルリタテハの幼虫

「オーレリアンのガレージ」について あっけなくルリタテハの幼虫が消えて 今日は アシナガバチが飛んでいる 社会性カリバチ だと 持ってかれたのか? ルリタテハの幼虫は サナギも見つからない 一週間で羽化してしまったのか ふんだけが虚しく 葉っぱの間に くっついている したから見ても横から見ても いないいない

続きを読む

オーレリアンのガレージ

「キノコの展示と牧野富太郎」について うちのバラはじめ さまざまな草木を持って 滋賀県に引っ込みたいが 仕事もあるので まだまだ無理で オーレリアンの今森先生の真似は むずかしい と思って 今日はガレージの前で台風対策のため 周りのみぞを掃除してたら イチモンジセセリがバラを吸いに来てた うーん ありふれ調の 地味地味蝶 もちろん シジミチョウは 草引きの友で アゲハは 里子 そこに今日は大発見 百合にイラガの幼虫か と すわすわばたばた ネットで調べた 百合 イラガの幼虫 とやると これが 蛾でなかった ものすご迫力の 茶色の体に チクチク 白トゲ なのに 蝶である びっくりした これが かの有名かもしれない ルリシジミ いや違う ルリタテハ 羽根を閉じると枯れ葉だが 開くと綺麗 写真撮りに行っても モリモリご飯食べる ボトボト黒いふん落とす 太い神経 こいつら 安心させてしもてる 蚊でも 蜂でも受け入れて バッタが来て苗を裸にしても みすみす許すオーレリアン オーレリアンかな まあ ちょいオレかな 今のところ

続きを読む

キノコの展示と牧野富太郎

「エンジェルフェイスの鉢に暖地があった」について 長居自然史博物館で キノコ展示を見た 牧野富太郎さんがいる 写真で 踊ってる 笠持って それがでかい キノコの笠だ これも花笠 キノコ好きな 学者さんは お茶目 子供質問室にも キノコのかぶりものあり キノコだもんな かぶりたくなるのは 本能 笠が 人に かぶれ おどれと ささやく ささやきにのっかる胞子 あらゆる方向から

続きを読む

エンジェルフェイスの鉢に暖地があった

「深い土に植えたいが シャクヤク見計らい3種」について チューリップ植えるため 白い鉢ひっくり返す あのエンジェルフェイスが枯れた鉢を 好きなバラで2代目だけど 枯れて ミントが出てきてた ところが 下から何かの根が入り込んで 取れなくて ノコギリ出してひいて 外した後にチューリップと桃色たんぽぽと ブルースターを入れる 秋だから園芸 芸がない私の 自動運転 AI アイアイ 草花愛 根っこ切ったら団地さくらんぼがしなびてきた バイオチェリーの根だと思ってたのに そうかと思えば得体の知れない根から わけのわからない葉が出てくる 根っこのくせに 枝になってる 妙だ 予測ができない ひょっとすると姫リンゴかな バラの木が枯れたら 根を見ましょう 違う木が侵食し バラを消す そういうことが ままおきる

続きを読む

カチューシャのかわいさ

「ガーデニング充満」について カチューシャかわいいや別れのつらさ できのいいのも悪いのも 見直して グルースティックを初めてだして電気の力で融かして 布とカチューシャの間に埋めたりして 改造してみた どうしようもないのは生地の布をむき 改めてグルーで台にくっつける 折れたカチューシャには 後ろにゴムをつけて引っ張れば復活だ グルー大活躍 先日の鉱物展で買った 貝の花を四つ テグスでくくりつける カチューシャ かわいすぎ つけると顔が 20歳若返る 皆様にも勧めしますよ 回春の 切り札として エカテリーナが 絶対やらない ティアラもどきでもない ブリコなカチューシャ

続きを読む

紫陽花を数えると

「枯れ枝復活した紫陽花」について 時々 ヤマアジサイを追加して 下に四種 上に二種 紫陽花が 葉っぱを出して来た 枝さしたやつも葉っぱ出てきて 百均の石灰をばらまいたつもり でもよく見たら たまごのからの破片だった 卵を100円分買ったら この袋よりいっぱい石灰がとれる しまったと思ったが 枯れ木にはできれば花が欲しいので 卵からまいて 青い紫陽花を目指す 酸性雨がレモンのように 何ヶ月も降って 卵からでは間に合わないかもの 紫陽花の今後

続きを読む

器用なクレーン

「『都会の星座の物語』 2001、9、8」について 器用なクレーンが 右に左に 首を振って 二ヶ月 今や 我が家のとなり 駐車場のひろばは 跡形なく 三階建てのマンションに様変わり 冬の夜空見上げ 木星が ダイヤモンドがー と 一つ一つ追った 2016年の 夜空 跡形なし クレーンは赤いティラノザウルス 黒い骨格をくわえ いや 高々と吊るしては 上手に 繊細に仕事 そして 白い床材 屋根材を吊るし 私が屋上で花に水やりしてる鼻先に上下動して いつの間にやら 組み立てるくの字型の マンション 夜空がなくなったショックと 現代の恐竜の仕事の見事さに ぐうの音も出ず 日当たりが悪くなったカリンの木の 来年の実りを 今年の豊作で 四年は誤魔化さなくては のびてのびてのクレーン 赤くて ちょっと触って ブイブイやってみたいが うちのベランダ壊してしまいそうなので 諦める いったい 隣の家を壊してしまったら どうなんだろう ぶらぶら上って行く 床材の束を見ながら 考える 壊したら 私は怒るよ でも 腕が確かなのか そういうことはいまのとこ ない

続きを読む

玄関掃除してサナギ見つけた

「出ました ひげの長い足のいっぱいあるやつが」について 見つけたサナギ そこは玄関の隅 枯葉が5枚 布団のようで 掃いて仕舞えば それだけのこと いつか見ていた毛虫のはずが 明日は車の腹の中 ちりとりすれば良いですか いいえ小さい かご置いて 元の通りに おきました 蛾なら蛾ですが まあいいや

続きを読む

イチゴのお試し苗セットとおいCベリー

「「花ポットのスポットに」について」について 趣味の園芸の イチゴタワーを見て イチゴ食べたくなったので 苗セットを頼んだ とちおとめ2つ あかねっこ2つ 桃薫一つ 四季なりペチカ1つ 国華園で それと 見つけちゃった おいCベリーという 名前のいいイチゴを三つ 別のところで 頼んだ プランターとスタンドを カインズホームでふたセット買って 今日やっと植えた イチゴ情報は イチゴの前後を見分ける話や 水はけ ナメクジよけ 泥はねよけのマルチ 肥料やけ注意 鳥よけ など 奥が深いな しかしそんな事気にせずともうちの満腹イチゴは たまに実ってた 収量を上げるためには 知識を実践すべきだろうな まだ ハウスにするほどではないようだが いつハウスにしたらいいのか 気になる トイレの黒袋で マルチをした 水が溜まるだろうなと思うがいいや ナメクジ来ないぐらい プランタースタンドが高いから 前にでかいマンションが建設中で 毎日うちの前の排水溝に流した泥が 溝を埋めてて それをさらったり 枯葉を掃いたりし 植え込みの草を切って 鉢底石を集めてたら 時間がかかった 自家製レモンの蜂蜜漬けでお茶して レッグマジックに乗ってたら イチゴ活動が夕方になって 肥料探してみたらバトグアノというのがあったので 土に混ぜた …

続きを読む

枯れ枝復活した紫陽花

「「大阪市立大学理学部附属植物園」で竜舌蘭をみた」について 無惨に切られた紫陽花の枝が 復活してきた 中庭の隅 うちに引き取った枝 ぷっくりと芽吹いてきた 御芽出度う おめでとう 次は根です 半年後には 花です よろしく

続きを読む

音階おぼえのクイズ

「ラQの大人買い」について いくらやっても おぼえられない音符と音階 調べてみると 上二つ目のドは 棒線二つ目 下二つ目のへ音譜表のドは 棒線二つ目 そこから上に棒線を数えると おみそ汁レバーとなり 下に数えると とらわれし象 となるそうだ 音階クイズの正答率が上がるだろう ありがとう 教えてくれた人 ほんとに キーボード 習ってみたいが 忙しいので ネット情報で 助けてもらった

続きを読む

ラQの大人買い

「あたしの体にもヒッグス粒子」について パズルで 頭をマッサージ 注意力は回復するかな 小さいもの触って 認知症を食い止める 店で見てても作れないので 買ってみた 妙な形が次々できる 本当のかっこいい作品までの 足がかり 行き当たりばったり まっすぐ立たない作品が 自動的にできてゆく

続きを読む

わからないスプラウト

「日曜日にやっと種まき 2010.3.28」について 可愛い多肉を植えた鉢に なんかわからんものが スプラウトしとる ゴマっぽいが 違うと思う 見覚えがある でも何やらわからない 双葉がアーモンド型 チキンライスの型みたいに反っている 毛がある 伸びすぎのもやし状態 ラベンダーでもないだろう ごまかしても 出てきて やがて 多肉を 凌駕 隕石は来てないから イリジウムのはずはない 前世からの 因縁が パラパラと 降り注いだ結果でしょう

続きを読む

思い出ブログ

「宝塚ガーデンフィールズでお花見」について どこに行ったの この子 ちっちゃい動物たちに 気持ちよせて やさしい やさしい子 二人でメリゴーランドの鏡に映った あの時のツーショット どこかにあった 2010年だったと このグログ記事で わかってよかった

続きを読む

百均の帽子改造

「3羽目は行ってしまった」について 茨木の駅の下の百均には 帽子がいろいろある 満員電車じゃかぶれないが 帽子が好きな私は 改造を試みた 黒いのにはリボンとブローチ 灰色のにはバンダナ うすむらさきのにはヒモとボタン など 足している 今日は 学問ノススメで 変な論文という本の話聴きながら サブカルチャー史を聴きながら 寂聴さんと梅原さんの対談本の オーディブル聴きながら 前に買った紺のつば広帽子に リボンつけ 四角の飾り付けた 次に ベージュのにハギレをつけ 四角の飾りを重ね 赤い雫の飾りと銀の糸をつけ 花柄のボタンもつけた ほんとは今日は ダイエーまで消しゴムハンコの材料を買いに出たかったのだが いつの間にか夜になってた まあいいや カチューシャはやらず 帽子がいっぱい 消しゴムはんこの方は 9時前にダイソーに行って仕込んできた 何が彫れるのか いまいちわからないが 入という字や 了という字のが欲しい 一筆で終いのやつ へ もおもしろいな く は 意味がわからないだろう で は でた か で それから か 意味がわからない ゲ も おもしろいな まあ とかもいいかもね 馬の絵と 鹿の絵を 押しまくったらお…

続きを読む

3羽目は行ってしまった

「昨日の夜10時ごろには」について 職場にいる間に3羽目は 羽化して 洗濯小屋に入れるまもなく ドアから外へ飛んで行ったそうです 私は動画だけ 見せてもらいました あとさなぎは三つ 暑くなってきたので 変化が速いのかな

続きを読む

紫陽花のコレクション

「「大阪市立大学理学部附属植物園」で竜舌蘭をみた」について どこでも紫陽花が咲いてる6月 店先にも新しいのが出る 形や色の目新しいの 気になる 切っていい時を知らない人が 刈り込んだ 紫陽花 もったいない草むらが 幻を見せる あそこに青い大きいのがあったって 今はないのよ 店で見る紫陽花 夜の明かりで 怪しく見える 手招きする店員 大きな顔した 藍色の花 藍色は珍しいと思ってしまう 私 この色は中学生のセーラー服の色だ 植えれば植え込みが 暗くなる わかっているけど 欲しくなる 小手毬ピンクの隣に置きたい 対比と強調 あの 刈り込まれた花の 代わりに うちで見てあげよう

続きを読む

百均にある材料のブリコラージュ

「アイロンプリントとミシン」について ブリコ というのは 高知のホームセンターで 入り込むとなかなか出られなかった この頃は百均でブリコする カバン 毎日触って ダメなところを改良 昨日は裏地をつけてから縫った マチがある こないだのはふにゃふにゃしてるので 今日裏地をつけた どちらも布のシールである つかてから縫うか縫ってからつけるか 裏地 うちの実家はハンドバック製造してた 裏地は外注して 時々もらいに行ってた 製造所は別だから うちではのりで貼って後から縫ってたと思う 百均のよりもちゃんとしてたが 真似はできない まだカバンがふにゃふにゃで おまけにシワができてる 素人の細工である こないだ入れた段ボールの底を取って プラスチックの底板を入れる これもブリコ ほんの少ししっかりしたが やっぱり前がたるんでくるな チャックをつけようか クリップは避けたい 娘の好きだった百均 お母ちゃんだけずるいって いうのが聞こえる ブリコの続きを やりたかったはず 魚釣りセットを電磁石で作って 科学館の子どもたちを遊ばしていたそうだ 工作 夢中 ブリコな親子である おじいさんもブリコ好きで よく通ってた 生え抜き なのに 彼女はもういないの カバンに絵をつけて 母が偲んでいる

続きを読む