テーマ:

宝島

ウチナー版で聴いてる 宝島 去年 本を出てすぐ買ったのに 読んでなかったが オーディブルで出てきたので とびついて ウチナーグチは いい緩急 ぼこぼこにされそうな乱闘シーンでも さっき おんちゃんの 行った先が 聴こえてきた 文字に戻って読んだら もっともっとせつないはずだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

転がるように職場変えて

「さすらい異聞」について 転がり行く私の行く先はどこよ 玉のようにだれかを押し出し 後釜として 飯の種稼ぐのよ さあ 誰も知らない小さな国に コロボックル しに行くの スミレほど 小さくはない 私だけども
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Zaimにやられた

「レシート」について このipad朝から落ちまくって だいぶ困った 全部バックアップして リストアせんならんの と思って 久しぶりにパソコンに接続して バックアップしたら 2時間以上かかかった いろんなアプリを消した でもよお何度でも何度でも落ちまくってよお 世界が破滅の前夜だなんて嘘だろお …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レシート

「湧いてくる本」について 受け止めた 証拠に出るレシート 金の流れに乗って 数字と文字をipadが読んで 家計簿アプリに記録できるようになって 買い物しに行くのが めんどくさくなった いちいちカメラにレシートかざせば 買うときのような快感はありません 戻すことのできない出て行く金の流れを …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

現代思想の恐竜特集

「夢卵」について さっき電車で 長沼毅さんの 知的に進化したら恐竜はどうなるかという 論文を読んだ とろ丼 いや トロオドンが けっこういい祖先で 目も大きくて 脳も大きいので 賢いから 3本爪の手のひらで道具なんか操れば もっと脳が大きくなって 聴覚もよさそうだから 言葉使って いくとこまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲のかたち立体観察図鑑

「カナブンが繁殖めざして」について 枚方市の本屋がでかかった 蔦屋重三郎 だっけ 蔦屋が ぎっしりの 本屋で 迷い込んだ私は 座り込んで読むのもそこそこに ロマンの雲本を 買った みそら堂 の 本拠地は 雲の上だから 立体視つきで2000円 空シアター 前から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノボさんと橘守部

放送大学の和歌文学の世界で、講師の島内裕子さんから、 橘守部という歌学者の話を聞きました。 伊集院静さんの「ノボさん」を読み直していて正岡子規が長逗留していた桜餅家の近所の 向島の長命寺は、橘守部の墓所だったと頭の中でつながりました。 桜餅食べに行きたくなりました。 今でも和菓子屋さんの宣伝に一役買っている正岡子規さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫はすごい

「出ました ひげの長い足のいっぱいあるやつが」について 本で読む昆虫のすごさ 寄生するのが本性の奴 毒針でありに卵産んで ゾンビにして 食いながら成長 水に行かせるよう仕向けて そこで ありの首を落として 口から出てくる キャベツに着く芋虫に寄生するハチ キャベツ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

湧いてくる本

湧いてくる本を 集めて デリシャスライブラリーで 登録 読みかけで止まった本 読み終えた本 どこに違いがあるのか 何日も鞄に入ってて どうしても 進まない本 でも入れてる本 本屋に寄るのが好きなんだ つい買う 今ひっくり返すと 同じような本が 何冊も出てくる 料…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

作ってみた鳥の西京焼きと豚竹のこおにぎり

「朝ドラ最終回 ごちそうさん」について 男子ごはんレシピを元に 鳥の西京焼きと豚筍おにぎりを 作る準備して やろうとしてたら 全部夫さんが作ってくれた おまけに豚汁も 買い出しと漬け込みだけ 自分でした 自転車でダイキに行ったのでお腹が空いて 業務スーパーでソラマメと王林も買った 本当はホースが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道と言えばソラン

「ハクション大魔王のヒゲ」について 宇宙から人が飛んでくるという 宇宙少年のソラン 流星号秘密は 時間旅行で 滅びかけの地球から 脱出させてもらった 人類が 未来から過去へと遡って 渚にて 現代の人と遭遇したらしい 恐竜時代にも 電話が鳴ります 頭 の中の 広々した 空間に ソラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学時代にはまってた星新一

「14番目の宇宙連詩について」について あらいざらいとっかえひっかえ 読んで読んで読みまくった ショートショート 星が新しくできたら 一番に見つけたい そういう望みを託した名前か 星新一 たわいない話もあるが いつまでも気になる話もあって 中でも 「午後の恐竜」は 死ぬ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松井今朝子著 家、家にあらず

「DON'T CRY ENFANTS 2007,2,5」について 面白かったあ 江戸のお屋敷の ミステリー 主人公が17の女性 事件が相次ぐ 女だらけ 役者も入って 殺されたり ヒロインを助けたり 細部が映像が立体的で 映画の中に入るような感じ いい作品だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一世一代の防水工事

「自分どりの楽しみ」について 昨日11月の11日に やっと足場が取れて 工事が終わった 植木があちこちで 葉っぱ落とし始めて バラの蕾がむしにかじられて 世話して欲しい顔してる 改修の次は 植木の回収 これがまた大変だ 1階のを4階まで えいやって しかし その前に お金を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本屋でふいに

http://1000ya.isis.ne.jp/top/ 地球温暖化は95%以上 人間活動が原因だって 学者さんが発表したらしい 10月でも30度超えてる シベリア凍土や南極の氷 氷河がどんどん融けて ヒマラヤでも鉄砲水で集落が流されたって 水の振る舞いが激しくて 雨は大雨 風は暴風 都市はモロさ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

消しゴム

「虹の橋と腹の橋」について 大阪の大昔を探る アースダイバー 難波の千日前の辺りは 墓地だった お弔いの専門家の中に 詩人や芸人が生まれる 柿本の姓の人らもいたって 中沢新一明治大学野生の科学研究所の人が 人類学の見地で 大阪の 面白さを語る語る 海の中にじわじわと砂が積もって出てきた なにわの土地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑誌にビニールかけてたら

「ふっとぶ傘 2006,4,11」について 雑誌にビニールかけてたら 昔は ビニ本って 言ったよね 今日立ち読みしに行ったら 雑誌にビニールかけてあった 一気に この本屋が嫌いになる あれは あやしげな アレなのか タイトルはありふれてるのに 表紙も 見慣れすぎた 絵なのに ビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

moveのは虫類両生類

「若いお父さん 紀貫之」について めちゃくちゃいい moveの両生類爬虫類 ビデオを何遍も見てる かわいい おもしろい 恐竜を見たので すごく感情移入できる 食うか食われるかの世界だけど たまに昼寝するコモドドラゴンとか 飛ぶ蛇 エリマキトカゲにとっとことか ガマガエルの闘いとか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリンとマルメロ

「壊 れ た 時 計  2002、1、27 」について 長野では マルメロを カリンということがあるそうだ だからって うちのカリンは カリンのままだ 去年鈴なり 今年は一個
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

1ページ1円

作家の人の小学生時代 読書のすすめ で預金通帳に 読んだ本の ページ数を 預金 1ページ 1円 たまる 今まで 何円たまったか 数えてみたい 大金持ちだ あたしも 未だに 本を買い込んで 貯金 貯金 すぐに引き出し 使う 今日は 「あか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんでも大賞

http://japanlovestory.jp/ 大賞を出せば 人が知る あたしもつくろう なんとか大賞 肩こり大賞 ワープロ作業 衝動買い大賞 目薬おためし 工作大賞 独自の島抜け 行間大賞 うらみのコピーミス 同族大賞 蛙の親子 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵は乱闘でも不死身だ

/div>「夜の烏丸 町家風カフェで2007,4,13」について 「探偵はbarにいる2」を見た 乱闘とかピンチのシーンがいっぱいだ バラをもらった マサコちゃんの表情に泣けた バラの花 先々週の土曜日にもらったのと同じ種類だった あたしは 今日咲いた ゴールデンセレブレーションの花が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読者の発見

読者は発見する 書き手の気づかないことを 読者は発見する 書き手は今ストレスを抱えていると 読者は発見する 書き手はひまだと 読者は発見する 反射する気分を たまに 反発する気分を 書き手も読者を発見する 読者はひまだ 読者はストレスを抱えている…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

今日のお勉強 昆虫とエビ

「図鑑moveに迷う」について 今日のお勉強は 節足動物の模写 昆虫とエビ 描いてみましょう 各部の名前を書きましょう モンシロチョウと バッタと ザリガニ それから ムカデ 体節のくびれ 膨らんだり 短かったり 長かったり 足の数が 似てたり違ったり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図鑑と政治家

「図鑑moveに迷う」について moveの動物と鳥と魚と恐竜と昆虫を 買い集めて DVD見て 毎日驚きの連続 博物館もいいけど 映像もいいね 変な音楽がやかましいとか 恐竜やカブトムシ類の対決シーンが 繰り返し出るのが ポケモンスタジアムみたいとか 子どもじゃないから 少し不満があるけども お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたご座流星群とアイソン彗星

http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20121212-geminids/ 水曜日の晩から土曜日の夜あたりに 双子座流星群が あるそうだ 新月の夜は真っ暗だから 見やすいはず お天気情報はどうかな くもると あたしの こころも くもる はれると あたしの こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図鑑moveに迷う

「ト ー ン ・ ポ エ ム ス (デビッド・グリスマンとトニー・ライスの」について 動物 昆虫 恐竜 宇宙 鳥 魚 自然の不思議 DVD付きの図鑑を本屋でみた 前に見た時より 心惹かれる ぐるぐるぐるぐる 地球が 太陽の周りを 46億回転してるあいだ ちょうど バームクーヘンが 幾層に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

マサイの槍

「朝が違う」について 植村直己冒険記を読んでたら マサイの男たちが バスに乗って来て 彼のピッケルを いいってほめてくれて ケニア山まで言った ジョンくんのスワヒリ語で ちょっと話しかけたら たちまち親しくなったって 書いてあった 鼻が曲がるほど 臭かったのに すぐ慣れたって 植村直己って人 ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上六には古本屋もある

「上六にはハイハイタウンがある」について 天牛書店がある上六 最近は寄らない これは 読んでない本のせい うちにある 山積みの 読んでない本 うるばあある うらん まだ 読んでないから 天牛は なんとなく 手品を連想させる それは 天功 牛を引っ張るか 仕掛けを引っ張るか …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あなたのために

「目薬で見た夢」について あなたのために かくの 背中 あなたのために あなたのために ゆくの 買い物 あなたのために あなたのために あなたのために しゅっと 吹き付けるスプレー カセットコンロのガス でかい ゴキブリにめがけ 気がつけば ぼっ それはないのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more