テーマ:

難波の地下街でもらった目薬

「ドライアイ」について 目薬をくれた目医者さんに 感謝 ジクアスという ドライアイの薬 近所の目医者に言って この頃 出してもらってる マエノヒアレインハアカンカッタ ジクアスは 詰まった穴からゴミが 出てくるのがわかる ポロポロ 詰まってた物が 穴から 溝掃除かパイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伸びない折り畳み傘

「ドライアイ」について 雨降りに 開き切らないかささして 片足跳びで帰宅するなり しとしとぴっちゃん まだ目が乾く
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドライアイ

「淡路駅の照明」について 一週間前にメガネができたので 昨日眼科に言って またも ドライアイ宣告受けた 知ってるって バカみたいに目が乾く いくらワイン飲んでも ブルーベリー食べても 治らん もらった処方箋で 目薬買う さして やっぱり 目がひっつく 卵の白身塗ってるみたいな…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

鉤虫とメガネ

「淡路駅の照明」について 鉤虫がまともに見えないメガネを やめて 眼鏡替えた どうも急激に 乱視が ヒドくなり 老眼が進んだようで なんと 近視の度が下がっていたそうだ 悪くなったとは 言い切れないそうだ 変なの レンズの袋を写真に撮った 読んでも意味が分からない 自分の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路駅の照明

「アッテンボローのFirst Life」について 暗くて当然の夜なのに 昼より明るい照明が 照らし出す 黒いはずのプラットホームが 白くなるほど 蛍光灯 それに 横にある パチンコ屋のテカテカ ネオン 頭痛い 目を伏せる 電車もヘッドランプが やかましい 節電のはずだが 光がうるさい …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

夕日を見つめ返して  2000年2月7日 4時30分

あの細長い窓から 夕日がのぞきこむ しろくてまぶしい夕日 毎年 この時期         必ず同じ角度で                   じいいいっとみつめると アルミニウムが煮えるような光 目を落とすと黒いかげ ピンクのかげ 緑のかげ 紙の上にも穴が開く 目をつむると 黒い中に ちらちら 白いオタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more