テーマ:落語

台湾で考える落語「一文笛」

台湾では先住民たちにまだ「原住民」という呼び名をあててる 「族 」という表現も 上から目線の支配者感覚なので あかんのと違うか と思いながら それでも 北投温泉博物館近くの 展示施設で 文化展示を鑑賞した 木彫りのおっちゃんがいて 愛想よくて 気がよくて 腕組みの船の大将 蛇怖がらな…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「貧者の芸能」第二弾

「貧者の芸能」について Wowwowで落語見た 雀々さんと翔太さんと円楽さんと 一之助さんと喬太郎さん 花緑さん で やっぱり貧者の芸能だった 最後は女性解放だった 幾代餅 傾城に誠なきとは誰が言うた この台詞の出展がわかった 草草 飛び出すな 車はきゅうりか白菜か …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかつ笑い亭 4題

今年最初の笑い亭 年の順で書くと 桂文也さん 桂勢朝さん 笑福亭風呂好さん 笑福亭たまさん 題が 東京荒物 はてなの茶碗 鴻池の茶碗 子はかすがい 生活用品から 建築資材 果ては骨董 大名物か 迷わせる品が 取り揃えられていた washletとか 冷蔵庫とかドリアン もあった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花粉でダウン

「今日の種まき2006,5,13」について 草刈りして 花台を組み立てて 卯の花を載せたりして 土曜 の園芸作業の後 昨日美容室予約してて 行く道道も 鼻すすり 中で朦朧としてて 終わって帰って どうにも つらくて 寝込んで 熱が38度以上出た 花粉に抵抗して 発熱 水枕してもら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

米朝さん

「1998年の法金剛院の椿の土で百合を植える」について はんなりほっこり やらかいえがおの 桂米朝さんが 地獄の 近日来演標示の 通り 昨日 亡くなられた すっごく寂しい 7宵宵コンサートで 巨万の富を カバンに入れ 傘とカバンを持って でい というせりふ と共に 我々の前に 登場…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

貧者の芸能

「キエフのバレエ チャイコフスキー三大歌劇公演」について さっきメイシアターで浪曲と落語みた 松浦四郎若さんと桂雀々さん 演目は武士気質と代書 浪曲は初めてだしかしどこかでは聞いたことがある旋律 元の話は 井原西鶴の大晦日合わぬ算用だ 西鶴諸国ばなしより 時代劇でも斬り合いや 全然捕物帳ではありません 世…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

落語会

上六の落語会に父と行った 四席 小話でつい受ける 父はみみがとおくなっててはじめの 露の団姫さんと桂文也さんの話は聞き取りにくかったって 桂米紫さんと笑福亭仁嬌さんの話は聞き取れたそうだ 倍音成分と熱量が 遠い耳にも響くらしい 話を全部知ってるって落語通の父が お好み焼きを食べて 楽し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢卵

http://www.youtube.com/watch?v=xDHXGqzCrRM 夢卵を夢卵屋から買い 食べてみたら あら不思議 夢卵屋の家に行き 夢卵屋の奥さんと あ 師匠 照れてまんな でも夢だからいいや ってことで 終わらないとこが 落語なのだった かみしめると …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

落語会「たかつ笑い亭」に行った

「しげちゃんの40歳」について 笑福亭生寿さん 桂文也さん 林家花丸さん 桂小春団治さん の落語を聞いた 「狸の鯉」 「初天神」 「厩火事」 「大名将棋」 登場人物でいうと 14人と一匹 かな 恩返しする子狸 似た者親子 働き者のおかみさんと働かない夫と仲人 お殿様とおもりの役人と石部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじいさんの経歴

「うそついてーら」について 今日 父の住む実家へ行った よくしゃべる父 今日はたまたま 父の父 つまり祖父の 命日で 50回忌 昭和37年が11月23日が 命日の年なんだって 明治の15年生まれだとか 陸軍で なんとか学校に行ってて 10年も軍隊に勤めて 勲章をもらって 階級は曹長 暴走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラビリンスの落語

「 愛はふくろうのように  1999、8、25 」について 別に 出たくない その 迷宮から いられるなら できるだけずっと 迷っていることが おもしろく 迷っていることで 長生きできそう 迷うなよ と いろは歌は言う 仏教の思想だ 目を醒ませ この世は幻 期待を抱くな 酔うなって …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

落語で青菜で大阪市立大学理学部附属植物園

桂南天という人が 関西の落語番組に 出てて なぜか 解説のおさださんが 大阪市立大学の理学部附属植物園から 司会をしてた 話は「青菜」 かわいい植木屋さんの話だ 奥さんが迫力満点だが じゃっかん へに頼りすぎの話で 恥ずかしそうなので こっちもてれた http://www.tokiwayakuhin.co.…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マンガとラジオ

「 ミ ロ の ビ ー ナ ス 2002、5、17 」について うちに時々 スピリッツとかオリジナルとかの ビッグコミックが転がってる 見るのがつらい変な絵も多いが たまには 読むのもあって 尾瀬あきらの落語の話 それも アリスとどら美のライバル対決の話があった 夏向き 花火関係 樽の職人が …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

wowwowで志の輔らくごパルコ寄席2010「中村仲蔵」

「ロシア民謡「行商人 コロブチカ」」について 6月にもう一回やるそうだ 「志の輔らくごパルコ寄席2010」 http://www.wowow.co.jp/pg/detail/075460001/index.php 一人で一ヶ月もやってるとは 「ためしてガッテン」しか知らないので 落語やってることが 非常に新鮮だっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

太陽光で進むヨット宙船

実際に太陽光で進むヨットのような 宇宙船を開発しているそうです http://www.jaxa.jp/article/special/explore/mori01_j.html 見れば 凧そっくり そこで 落語の「初天神」を思い出しました この高座 何回見てもおもしろい http://www.youtu…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

なつかしい「ちりとてちん」の草々さんのブログ

草々さんのブログに新作落語かしらと思ったら ブラジルサンパウロで行った落語会の記事発見 口調まで聞こえてくるようで 非常になつかしい 芸名を確認すると 青木崇高さんでした もじゃもじゃの頭で南米に行ったのかな http://stardust-blog.net/aokimunetaka/south-ame…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すびばせんおばさん

どうもすびばせんね こんなにおせわになって ほんとに ごめんどうだったでしょうね どうもすびばせん あたしもそろそろ ごはんのしたくせんならんので かえらしてもらいま あれ お月さん こんばんは どうして私についてくるの? 私はかどをまがるのに あんたもかどをまがるのね あ そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more