娘と見たいHayabusa2

「「「HAYABUSA 映画バージョン 」について」について かなわない夢よ 去りゆく背中 日々に追う けれど もういない 流れ星 ほそい その影に 目をこらす

続きを読む

ジュラシックな瞳の薬

「匂い音痴」について 難波にジュラシックワールド観に行った 昨日前のを見て思い出して 先週作った中近眼鏡で テレビ画面を 必死で見て 今朝になったら目が痛くて まぶたが重く それでも恐竜見たさに予約して 3D IMAX で 頑張って 観た 火山島が ドロドロで 火山弾がボンボン飛んできて 当たりそうに思う 負けずに走って 助かるのだが 恐竜助けなくっちゃで始まった 話が 大金持ちのオークションに行く ロックフェラーみたいな財団があって おじいさんが娘婿に託した発展が お金になる恐竜の品種改良の動機になって それがまあ ブルーラプトルとインドミナスレックスの 遺伝子組み合わせの インドミナスラプトルで レーザー光の当たった獲物に噛みつきにいく 前作のオーエンとクレア ごついカップルが 恐竜と兵士とアクション 獣医の女性とパソコン担当の男性が 若い アジア系かアフリカ系か 人間を食べる恐竜と飲まず食わずの人間が 互角に 火山は世の終わりのようで 一番強い クローン技術が哺乳類もまきこみ どこもかしこも あの ジュラシックワールドになるという お話 目が痛い 難波で目医者に入り ジェネリック目薬にチェックしたら 新しい目薬もらった ジクアスという薬 ムチンが出るんだ だいぶいい ヒアレインよりいいぞ 吹田の岡本眼科の先生にも…

続きを読む

見たけど書けない映画

「映画「海月姫」」について 最近アニメ映画見た 世界の片隅 呉の女性の でも 辛すぎて 憶えていられない うちの人は なんともなかったのかしら 私には 我がことのように 恐ろしく また 辛くて いつものような批評意識は 保てなかった 娘は大学で自立の道を模索してきた 自分を表現することを それを 常に商品まで落とし込んで行く 癖がついていて 買う私の方もその表現が いつもの 広告や告知の 一環だと思ってしまう 落とし穴に 落ちた 一世一代の娘の 痛みと弱りの表現を マンガ作品だって 平気で受け止める 身内の鈍感がダメだった 娘が さらに 気弱に 受け流し 背中を向けて 我々の前から 静かに去っていったことを思う 描くことは 空気に 訴えを のせることだったのに うすうす 感じていたのに 怖すぎて 身内に判断を委ねた 私が 間違っていた 殴って欲しいくらいだ 目がさめるのが 遅すぎた 世界の 片隅で起きた こんな おそろしいできごと 日々が 戦場で 助かる人には 何か 執着があって こつこつ命の脈を太くしている 翻って 親への長い期待はずれを かみしめつつ その執着を か細い線で 描きためてきた …

続きを読む

「母と暮らせば」メイシアターで

「シンゴジラ」について 吉永小百合さんが 二宮和也さんと親子する 最初から 母ちゃん母ちゃん そんなに呼んでくれる息子 いいなあ うちの子と同じ呼び名だが うちの子は映画誘っても来ない 長崎の大学で彼は 講義中に すっかり溶けて いなくなった 影も形もない 終戦まであと6日 人間のすることではないと 怒るおじさんがいる 戦闘員を次々南の島や 大陸に 死んでも死んでも送り込む 行った先で略奪しなけりゃ 続かない戦争で やめる決心を できない責任者が こんな時まで 敗戦を認められず とうとう 一人残った息子を 溶かしてしまった まちこさんも 夫になる予定の 二宮君に 気持ちが残ってる お母さんも 娘のように嫁のように彼女に頼ってる そこで 全体の調整を引き受けるのが息子の幽霊 だんだん母を納得させだんだん現世への執着を終わらせるべく 出ては涙して消え 出ては喋って思い出をたどり 戦時中のナビを 我々にしてくれる 軍国主義の叩き込みは あんまり出ない 天皇のことをたたえて死ぬべく 教育されて 実はみんな母のこと思ってるって 描く 今 自分のこと思うとたぶん そういう事は望めないと思う 娘は 何考えてたか 母が 心配してたの 言葉なしではたぶん 気づかなかったろう 星空…

続きを読む

シンゴジラ

暑いので逃げ込もうと 映画に行った エキスポ109シネマズ 近い 店が混んでて お茶も飲めない 暑い 映画館は50歳割引で 二人で3400円 シンゴジラ どんどんでかくなるゴジラ 東京を核爆撃 するつもりの アメリカと多国籍軍 ゴジラよりそっちの方がこわい なぜか生コンのミキサーが集結して ゴジラの口から 凝固剤を飲ませている 破壊された痛々しい東京を 無人の電車が爆薬を積んで突っ走る ゴジラは背中からもビームを出す 上からの爆撃はできないで 生コン注入 はできる あ 凝固剤だった 放射線が街に放射されて 家に40時間も足止めになる市民たち 政府の政治家が 若手中心に頑張ってなんとかしのぐ 偉いがんばりで 少し 目頭が熱くなる こちんこちんのゴジラは 解けて来ないのか 心配になった 復興のため また 人が戻ってくるんだろう 放射線の残骸は 見えなくて しゃかりきになってまた国を立て直して行く 真面目な国民性が ゴジラより強いってことかな

続きを読む

「つぼにふれる2007,11,17」について 壁といえば カビ お風呂 タイル そして カビ カビを取る為に 風呂にこもると サウナ効果 体重が 多少落ちる カビがおちるのと 相前後して が やつは手強い あるところで 必ず 逆電流が来て リバウンドする 決して消えることがない そこに壁がある よく見るとカブだった デブではないぞ

続きを読む

映画「悼む人」

梅田に見に行った 小説は立ち読みで 後回しにしてて 映画 人の死にまつわることを 掘り起こすことは 話したい人 書かれたい人 がいて 読みたい人もいるとすると 全く お話の宝庫であって 生きてることに向ける関心より 無責任に情報化できてしまう 生き残った人の気持ちが ささくれたり 気が済んだり なんでやろか じっくりわかろうとして 耳を傾けても 本当のことまで行けない 犯罪がらみか そうでないか 過失か故意か 偶然か 十分殺意を持っててか 色付け次第 事件の詳報が商法につながる でも 人がネアンデルタール人と似てる所を 固めて人間に投影すると 静人さんになる 虐待やネグレクト必至の 生き難い世に 生まれてくる 連鎖する生き難さが 死に至りやっと 人の胸に集められ ひょっとするとみに浴びたかもしれない 愛の思い出の乗り物に乗せられ天国に連れて行ってもらえる かしら 宗教なき心 神なき自分の生の終わり 不条理に断ち切られる人生の 裏返しとして 平等に悼む 心が 必要になる 石田さんが 吸い込むようにな気持ちで 静人を感じて ちょっとゾウリムシの核の交換みたいに なってるの 同類でないのに 再生していく 生物の 生き延びる能力の一端として 人類が 単細胞生物の頃から 持ち合わせて活用している 再…

続きを読む

映画「海月姫」

「究極の昆虫」について http://www.kuragehi.me 篠原の街角天文台に能年伶奈さんが出て 宣伝してたので 娘と二人で西宮ガーデンズの映館に行き 海月姫を見た 漫画が面白いから行きたかったと娘が言う クラゲが身に染み付いて なりきりたくなれば 栖を守る作戦に 十分 ファッションが擬態のために 有効 いかにもたこにも よくできたキャラたちだった 縫い物造形で世界を 自分に引き寄せる オタッキー 集団サバイバル クラゲ戦隊 海より上がる で 娘が月海のメガネに刺激され jinsでメガネ作った 私が払う うちの子もだいぶファッション奥手で 雪の結晶が好きらしい オタク素質は十分で 漫画好き もっと黒い枠のやつ かけさせてみたい気もした

続きを読む

遊びでききかわすがまだ続くきき

危機が連続した3ヶ月 今も それipadのアプリ組み合わせて 乗り越えた 終わりかどうかも 今ひとつわからないが ルーキーズとインスタフレームと モルジブ imoveの予告編作り カラオケ練習アプリ それにしても 試行錯誤の連続で なにしでかすかわからない ロゴ作成 裏返し アイロンプリント 日頃の遊びが たいへん大切で 遊んでたからipadのアプリの機能が 組み合わせで使えた 遊びが欠けてる人の いきなりの やってみて考える 失敗の 連続が 会計の大穴に 金欠の 嵐 今も吹き荒れる 片付けもできてないから散らかったままだ あたしの方は モバイルプロジェクターと コネクターを買い込んで 使わなかった でも これもよく遊んでいたら 何かで活用できるだろう ビデオカメラのメモリーが 途中で切れた 機械内で画像を消すのに 手間取って やってなかった失敗だ 遊び方が足りなかった もっと使っていたら 気がついたはずだ しかし 危機に対処してそれが経験になる 出来は チェックすると やっぱりぶっ付け本番の アラが目立つ これも 遊びが プレイの回数が 少なすぎることによる 教訓として 機械はいじくり倒すことで 活路開け 遊びは 日頃から まじめに 夢中…

続きを読む

驚きのDvd中古道楽

「来年行くので買いました」について 驚きのDvd 昨日の旭山動物園物語 開けてみたら 中にピンクのディスクが入ってた ピンクだよ なんてこった タイトルは砂時計 韓国ドラマかい ってみたら ただの日本映画で ゲゲゲの女房さんが出て ピアノは弾かない あたしは旭山を見なければならない 事情があったのに 困った 買ったのは日本橋の中古道楽だ 今日になって夫さんに電話で問い合わせしてもらい 換えてもらう事になった 全く 営業妨害してるくせに 相手はちゃっかり 新客ゲットするかもしれない あたしは 大阪の商売のルーツに帰り この店が どんなおまけで 顧客をつなぎとめるのか? 興味が出てきた

続きを読む

来年行くので買いました

「映画「旭山動物園物語」を見て」について 今日日本橋の電気街を歩いた カーネーションに出てきた高島屋のビルに入り 古着と呉服屋さんからのし上がった 高島屋の歴史を知った 高島屋は 近江商人と敦賀の商人のハイブイッド 飯田さんが作った店だった 玉虫厨子や なんとか田中という人の彫った大黒さん 昔のポスター ローズちゃん人形なんかがあって 古めかしかった 日本橋は フィギュアとおもちゃ それと 中古品の買取の街に変貌して 先祖返りの気配 中古のDvdを買うことにした 旭山動物園物語だ 前はただで見たので 今度はお金を払う 硫黄島からの手紙も買った これも前はただで見たので 今度はお金を払う 山崎豊子さんの花のれんを読んだので お金を気に入った芸人さんの 労いのために 気前よくはたくのは 結局大きな商売をするための 先行投資として 大事なんだと気づいた 中古品に お客の必要が マッチしたら 量販店の新品商法より 儲かる 10銭漫才専門の演芸場を作った吉本の元祖の たかさんの話だったが その 先見性に 庶民の金も積もれば財となって 細腕でも繁盛 でも何となく タカシマヤの話も入れてあるような 気がしてきた 壊れかけたアンプの後継機種をシマムセンで見つけて 夫さんに電話で相談したり いつも入る パーツ屋さんで 懸案のコタツ用回転タイマーを見つけたりして や…

続きを読む

雑誌にビニールかけてたら

「ふっとぶ傘 2006,4,11」について 雑誌にビニールかけてたら 昔は ビニ本って 言ったよね 今日立ち読みしに行ったら 雑誌にビニールかけてあった 一気に この本屋が嫌いになる あれは あやしげな アレなのか タイトルはありふれてるのに 表紙も 見慣れすぎた 絵なのに ビニールかけてるから イライラ 見てよければ買うのに あたしより年上に見える 写真が 痛ましい

続きを読む

移動中

「かくれてたのに さらすなんて」について 今金浦空港に移動中 盛り沢山な予定を かんかん照りや かみなり 雨も 暑さも ものともせず こなして ツアー しました 漢江が 車の横を 流れています 広いなあ

続きを読む

最も危険な男

「「夜間時間帯にアクセスしにくい状況」について」について あたしのまわりに 扱いにくい 付き合いにくい 男が 後から後からやってきて やることやらずに 手抜きして 見苦しい どてっとして動かないで グズグズして これは女で 坂をおしだすいきおいがないので もどってきて いつも停滞するの 何も面白いことがなくて ぐちばっかり あたしの知ってる一番危険な男なら フェイクの劇場を仕立てて うぎゃっと驚かせて ねずみ花火みたいに お尻に火をつけて 動かない人間を 働かす もう あたしと交代してもらったら 助かるのに

続きを読む

探偵は乱闘でも不死身だ

/div>「夜の烏丸 町家風カフェで2007,4,13」について 「探偵はbarにいる2」を見た 乱闘とかピンチのシーンがいっぱいだ バラをもらった マサコちゃんの表情に泣けた バラの花 先々週の土曜日にもらったのと同じ種類だった あたしは 今日咲いた ゴールデンセレブレーションの花が あまりにきれいで うちの花が 勝った と思った バラで勝負するなよ で 大泉さん 原作の探偵とはちがって だいぶかっこよい 原作の人の闇雲さは 一緒だけど さすがに葉っぱにかかわらないので 財布がすかんぴん ヒロインはカーネーションの人だ 赤い服着てる バイオリン弾いてる いない人を作り出す時は 実在の人の方に寄せるようだ 高田は 結構好きだな ああいう静かな人も 世の中にはいるからな トッチーといえば おとどしまで同僚にいたぞ 厚い声だった 薄い声の人が 政治家のやることを だいぶ美化しているような気もする ほんとに民衆に支持されて仕事できる 政治家が日本に存在できるのだろうか どんどん公共事業で利権を私企業に誘導して マスコミを使って 自分の意見だけいいちらかして 支持を集め 勝手なことし放題して 老人のささやかな楽しみを奪い 生徒を競争に追い込む 迷惑な奴が人気者になって 腹が立つ 泊原発はどうなってたっけ …

続きを読む

どんき

「符丁と不調」について 最近 ドンキとは 店の名前 しかし 一昔前には ドンキホーテ 10年前には バールのような物 だけど あたしは ドンキよりも ボタンが 欲しい ボタン 花で スイッチで 閉じるもの それから 頭にのせる ボタン かわいいの合わせ また カチューシャを 作った ビーズまきつけ ボタンくっつけ 頭にのせると 夕方には 頭に どんつう もう しょうがないな ビーズのらせんの ぼつぼつが あたまに食い込む それから 焼酎と ウイスキーと 梅干しのカクテルを作り 目が覚めるころに 頭に 鈍気 おしゃかさまが 悪さばっかりしてって 怒ってる

続きを読む

上六にはハイハイタウンがある

「木をうごかす」について 飲み屋がたくさんあるハイハイタウン 難波の隣の駅だ 入り浸ったことはないが 行く度 店が変わっている まるで日本橋の電器屋のようだ 電器屋がいっぱいある日本橋 隣まで歩いて恵美須町 ディスクピアに寄って ジョンリーフッカーを買って ちょっとのまはまってた ハーモニカ かっこいいぞ つるはしは韓国料理 うちは生野の子だけど おとうちゃんが韓国がらみのことを避けてた おばちゃんは最近韓国ドラマにはまってる 90歳超えてるのに この違いはなんだろう? 天満の繁盛亭 これも行ったことがない 行きたいが きっかけがないの 天満の商店街は夜楽しいらしい テレビでやってた 京橋もテレビでやってた 朝まで飲めるらしい でも これも全然行ったことがない 石橋のタローパンは池田 遠いな マチカネワニの展示が最近あったらしい 文学部の先輩が行ってた リンゴ餃子の店はまだやってるのかな 長江だっけ すごいちっちゃい店なのに 駅でお花が呼んでたのに 時間なくて帰ってしまったから あとは 南千里のクリエテで花を見よう 下のパン屋さんがおいしい サニーサイド 今から パン屋さんに行って おやつにしよう

続きを読む

符丁と不調

調わずピーピーいうラジオには きっと 暗号が交ざってる 呼びかけに合わせ目をこすりつつ ハガキは真ん中に線入れて 二倍に使い 片方にクイズの答 片方にリクエスト 住所の下にも 明日の予定書いて 切りとった手の先のように ポストに落とす チューニング 調いかねて ラジオがビー 寝ぼけた頭に 遠くから 届くトーク 電波の シャワーが熱い えへへ よんでもうたがな

続きを読む

「白磁の人」映画になったって

「 『 人 間 の 骨 』 に よ せ て」について この詩で紹介した 浅川巧さんのことを描いた「白磁の人」 吉沢悠さん主演で映画化されたそうです http://hakujinohito.com/ 3月18日に上映があります 6月にたぶんロードショー 電車の吊り広告に 出てました 今忙しさが最高潮で 明日もだから 6月にしとこう 白磁の人 (河出文庫)河出書房新社 江宮 隆之 Amazonアソシエイト by

続きを読む

源氏物語千年の謎

女を取り逃がす男たち 逃げ出す女たち すがるだけ虚しいと 物思いが損だと割り切る 命が自然に無理な状態に負けて立ち消える 源氏君は憐れみを催させる あんなにワガママなのに 作者が母性愛で可愛がって 遊んでいるみたい 原作のすごさに遙か及ばないなら 開き直ろうと また別物を初心者に提供しています 王命婦が すばらしい 桐壺帝がやさしい 藤壷さんが 積極的に光るくんに抱きついてる 紫の上は出ない 物の怪化する六条御息所のシーンでは だいぶ映像的に怖くて ぞっとした タベさんが葵上で 可憐だが 田中麗奈さんと ほぼ 同じ顔立ちで 重なると 同じ女性の二面に見える 夕顔は娼婦に見える 飛田新地のような 家の格子 花で 光源氏が来たの知ってるって言う 尾上松也さんが 頭中将になりきってる 夕顔がその人が来たかしらって 思わないのがおもしろい なぞは花山帝を退位に追い込んだ 天文占い師のあべのせいめいが まるで 加持祈祷の専門家みたいに 悪霊と闘うところだ 式神は女だ だからってなんだろう こうぜいって誰かな たちばなのはやなりではなくて ふじわらのゆきなりだった 役者は 隣の電気屋さんだ 白氏文集を読んでいる 道長は東山さん 城島の先輩 声がよく響いている 紫式部は 解説専門家で あんまり 役柄らしいところがない 道長に襲われてて 何…

続きを読む

映画 「BECK」で思いついたこと

「 規 格 を 超 え た コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 2000、5、10 」について おやじなサウンドで ロックフェス出場を果たす 高校生たち 音の無いボーカル 確か原作は漫画で このやり方は スポ根ものに似て あたいらの 若き 幻想の 具現であり 舞台が引き寄せる 人と人との からみと ハーモニー でも べつにいいんだ あたしは一人 一人 ボーカルの心は 時と場に 鼓舞され 歌い始め 歌っていると人が ちょっと首かしげ すぐに去って 何十年も気になって あれ なんだったのかなあ ぐらい思ってもらえば ちょうどいい あたし自身は 「歌」の一つ一つを そんな風には受け取っていない 一度心にしみた歌は探し出して 必ず口ずさみ 自分のものにする だけど はたの人たちはそんなことはない だから あたしがちょっと歌ってみても あれなんだったのかなあ ぐらいで みんな 通り過ぎて行く

続きを読む

「「HAYABUSA 映画バージョン 」について

「「HAYABUSA 映画バージョン 」について  映画見てきたのでまたメッセージを入れておきました。 短すぎて言いたいことが言えないので 補足すると 主演の竹内さんが 理系女子の志をしょって 非常に美しく 懸命でありつつ ギャラリーの気持ちも代弁してくれていて こちらが気持ちを寄せやすいキャラクター造形を しておられました 「なにさま」 のドラマでメガネかけて 後ろ向きにぐっと反っくりかえって でかい 長嶋一茂さんと対応していた時を 思い出しました このキャスティングはほんとよかった 国中さんの人は 細身だった 川口さんは 大きくなってた でも静かで いい味出してたなあ 最後一人で部屋でパソコン見てる姿 おとうさんが子どもの 死に行く姿を見なくちゃならない という 形で 心の中を思いやると 苦しい気持ちがしました 西田さんは漁協の人と飲んでいるところとかで 的川さんの生活がどんなだったか こんなに人に心を砕いて やってこられた仕事なんだな と また頭が下がりました 物差しで魚食べる人 スケールが大きいのか小さいのか わからんかった これは堤さんの遊び心だと思います いろいろと わかりやすくて ついていきやすいようにする工夫がされていた ありがたい映画だと思いました 前にハッブルの修理をするアメリカの飛行士を 写した作品を見ました ちょっと自…

続きを読む

アゲハチョウの映画

「オズの国の女王の唄 1996,10,30」について アゲハという子が出る映画「スワロウテイル」 洞穴に あくびの音が響くような バブリーな時代の映画 意味なく残酷だし ええかっこしいだった テーマソングの 気が抜けていて 人々はこんなの見ておもしろいんかと 思った 今となっては昔の話 誰かがお金を出して そのころの日本を おもしろおかしく 描いてあり それをあたしは めためた ばっさり ぼろぼろになるまで 切って捨てたのを 思い出す いろんな経験を積み 映画館に行くのに めげ それでいまは 手軽な娯楽のテレビに 文句やいちゃもんを つけるのが お楽しみなのだった スワロウテイル [DVD]ポニーキャニオン 2003-11-19 Amazonアソシエイト by

続きを読む

種なし干し梅

「芽の出る天神さんに寄せて2000、3、6」について 甘辛い種なし干し梅 みつけると買う こないだは 天神橋筋の商店街で買った みんなに配ると 一人だけ私よりぱくぱく食べる人がいた からいので塩分とり過ぎになるけど 一つではあとをひいて しまう ひいてしまうので 次に見ると また買ってしまう 他にも ドライフルーツは多いが みかんの皮とかショウガとか 食べた後でやっぱり 梅に帰っていく 食べてみてみ 昨日 東京都庁に行った 「ガラスの仮面」の新刊が出たので その前の刊も出して読んだからだ 水の神殿が節電のせいか 水なしで ただのオブジェになってた マヤが台詞を言っても 調子が狂う 天の声が聞こえぬか 地の声が聞こえぬか って 言いにくい 人為の固まりのような ビルの下で 顔が焼けるほど 日に照らされ 水 がイメージされたかというと 別に おもしろいほど 何も感じない 空間だった 琵琶湖の方が いいと私は思う 梅の里にも いったことあるけど あの時は 海にばかり目が行って 梅に目がいかなかった 漫画の中の方が 現実の風景よりも 感動できるシチュエーションになっている これが人間の創作の妙だな

続きを読む

「ミツバチの羽音と地球の 回転」という映画

六ケ所村ラプソディの鎌仲ひとみ監督の 「ミツバチの羽音と地球の 回転」という映画ができたそうです http://888earth.net/introduction.html 十三の七芸に来るらしいときいて 「原発に未来なし」 って歌を つい歌ってしまいました 祝島とスウエーデンの比較をしてるようです

続きを読む

ぽんかつくんのうた

たぬきのぽんかつ ぽんかつくん 春に卒業 求職中 田舎でぶらぶらぶーらぶら たぬきのぽんかつ ぽんかつくん ネクタイなんか大嫌い できれば裸で暮らしたい 学者のように首ひねり むむむとうなるぽんかつくん 目で追う先に 気になるの 極楽トンボが ツイッ ツィ たぬきのぽんかつ ぽんかつくん 手頃なねぐら用意して 婚活する日願ってる

続きを読む

オデッタの「朝日の当たる家」

http://www.youtube.com/watch?v=Aaya8jYZBO8&feature=related ものすごくはかなげな声の オデッタ ドラマチックな歌い方 鳥肌が 立ってくる サンダカン八番娼館 望郷 [DVD]東宝 2004-11-26 ユーザレビュー:一面的な描き方では・ ...涙なくしては観られな ...高橋洋子の存在感今観 ...Amazonアソシエイト by

続きを読む

高槻ロコ9シネマ

「穴とフタの増殖と拡大」について 高槻ロコ9シネマが営業終了するって http://www.loco9.com/ アネックスに代わるんだって どこがちがうのかわからない アルプラザっていう 大きなショッピングモール ここでトイストーリー3をやってる 16時25分から 年休使えば 行けないこともないけども 無理だろな 日曜日に行っとけばよかった http://www.disney.co.jp/toystory/

続きを読む

アニメ「借りぐらしのアリエッティ」

「金魚のお札~ ジブリの新作」について アニメーションの 原点に帰って 小さな声なきものたちの声を 存分に響かせる 「借りぐらしのアリエッティ」 http://www.karigurashi.jp/index.html 主人公の 表情が美しい 動きが 昆虫みたい おとうさんが頼もしい びくびくしてるおかあさんが いとしい ハルさんがきききりん 小さい生き物の視野に入る 美しい緑 一つ一つの花々の精巧な美しさ ドールハウスに託す願い カラスと猫を見ては 「猫の恩返し」を思い スピアーを見ては 「未来少年コナン」を思い お父さんを見ては 「大草原の小さな家」を思い 主人公のきりっとした顔見ては ナウシカを思い 大きな病気の男の子を見ては 「待たれよ」の子どもを思いだし ヤカンの舟を見ては「ガンバの冒険」を思い 待ち針の剣を見ては「一寸法師」を思い 追い立てられる生活を見ては 「屋根の上のバイオリン弾き」を思う 砂糖(シュガー)をめぐってのやりとりが ストーリーを前にすすめていく あげるほうは気楽だが もらうほうは種族の 存亡がかかっている そこにマイノリティがいることを マジョリティが見いだし 互いに呼び交わすことができるようになると それが いつのまにか マジョリティの側にとっても 「心臓の一部」になり 苦しいことを耐える 弾みになる…

続きを読む

逃がした魚

逃がした魚は大きくて つりばりとえさも 持ってかれ ひたすら まく 餌 いやいや 魚の逃げた その話は 逃げた魚として 大きく大きく あとからあとから エピソードを追加 見てきたような顔をして わからんところを ふくらませ まいた餌の そのあたり 近寄ってきた 影にさえ 大きな期待を おっかぶせて とうとう つかまえる しっぽ ごたいそうな 尾ひれが まねくから そのうえに みんなで 尾ひれ たくさんつけ どこにでも 顔出し いよいよ脂のっている あの魚を つかむ

続きを読む